光の12年間(アセンション)情報掲示板

光の12年間(アセンション)情報掲示板

フォトン・フィ−ルドとは宇宙からの多次元光エネルギ−であり、
人類の精神的なめざめと成長を促す触媒の役目を果たすと考えています。

それはUFOの推進力でもあり、人間のエネルギー・フィールドと共振共鳴をした時は、水の上を歩くことも可能でしょう。

それが日本人の感性と創造力をどのように変貌させるのか、なかなか興味深いです。
(現在、10歳以下の子供の3割以上は新時代に対応すべく、
最初からいろんな能力が開かれたまま生まれてきているとの情報もあります。)

新しい子供たちが世界を変えるでしょう。

その時、アインシュタインの
「神が日本という国をつくっていてくれたことに 感謝する」
という言葉の意味も明らかになるでしょう。

原則として投稿にコメントはしません。
投稿を読む、あなたのフィ−リングの中にこそ最高の真実があると
「神との対話」でも述べていたように記憶していますから。

何を選択し、どのような未来をつくり出すのかは、
あなたの自由意思にお任せします。

未来とは予言するものではなく、創りだすものであり、
自らが引き寄せ、そして現実化しているのかもしれません。

さあ、光のサ−フィンを楽しみましょう。

 
名前
 
タイトル
 
e-mail
 
URL
 
パスワード
 
cookie
クッキー情報保存
メッセージ




730. 地球は臨界点を超えてしまったのか? 管理人 [URL]  2007/02/18 (日) 10:32
「ガイアの復讐」(ジェームズ・ラブロック著)や「不都合な真実」( アル・ゴア著)を読むと、既に臨界点を超えてしまった感がありますね。
http://www.garybonnell.jp/
http://www.naturalspirit.co.jp/
http://www.810.co.jp/
参照サイト
http://www.taka45.com/fushoku/joachim/
http://izumo.cool.ne.jp/fairyrose/index.html

ブラジルの予言者ジュセリーノ・ダ・ルース氏は、
「2007年度中に温暖化を阻止しないと人類は5年後に滅亡する」と述べていますが、 これに関しては、ブログで2007年ゲリーのレクチャーとともに考察してみましたのでそちらを参照して下さい。

『スターピープル・第20号』にも、「臨界点に達してしまった地球」と題して特集されています。

いろいろな人々が現在の地球環境について述べていますが、半田氏の「物質的生態系から霊的生態系へ」が特に面白かったです。

彼はアフリカのドゴン族の
「一人の人間が死ぬとき、すべての動植物の一対もまた死ぬ」と引用し、

美しい野鳥が姿を消して行くのは、
美しい野鳥のような精神の羽ばたきが人間の中から消えて行っているからとは言えないか。

神々しい森が枯れ果てて行っているのは、
樹木のような神々しい精神が死滅していっているからとは言えないか。

ライオンや虎などの猛々しい動物たちが絶滅していっているのは、ライオンや虎のような猛々しい精神が消滅していっているからとは言えないか。

と問いかけ

自然破壊とは霊的破壊の現れなのだ。

と述べています。

人工と自然、テクノロジーとエコロジーといった薄っぺらな2項対立で環境問題を考えるのではなく、自然と反自然、存在世界と創造の関係にまで人間精神を拡張して思考することを要求しています。

そして、エコロジーの問題が物質的に語られている限り、それはいつまでたってもエコノミーに従属する環境対策であると述べています。

事実、テレビやインターネットで報道される「ガイアの復讐」、「不都合の真実」の映像に我々は圧倒され、問題点が外部のスクリーン上に、そして経済的な物質的問題であるかのように錯覚しています。

ちょうど映画などのスクリーンの映像に目を奪われ、その映像はプロジェクター内部の信号が変換され、レンズを透過した画像がスクリーンに投影されていることにまったく気がつかないことに似ています。目に映る外部の光景とは、我々、ひとり一人の意識が反映した幻想とも考えられます。

ドゴン族の伝承が語るように、一人の人間(プロジェクター)が死ぬとき、 彼の魂が映し出した、姿あるすべての生き物と自然環境(信念体系領域)も消滅するのです。

問題なのはハード的な解決だけでなく、そのプロジェクターがどのような映像ソフトを選択するかというソフト的な霊的な解決こそが重要なのかもしれません。

「ガイアの復讐」や「不都合の真実」の正体は人類の集合意識というプロジェクターにより選択されたソフトが、地球という巨大なスクリーンに投影されているだけのことかもしれません。

そのスクリーンの中で生きる我々は、そのソフトが提供する環境というか、信念体系構造の中に自らデザインして生まれ、生き、そして死んでいくのです。

つまりプロジェクター(人類の集合意識)がどのようなソフトを選択するのかが環境問題の本質なのかもしれません。

現在のソフトは経済効率最優先の半田氏が述べている物質的生態系ソフトであり、その信念体系がプロジェクター(集合意識)によって投影され、それが現実化しています。

しかし、このソフトはできが悪く、戦争や内乱、自然災害、環境破壊、そして貧困に苦しむ多くの人々の映像をこの地球上に映し出しています。

彼が述べる、地上の生態系の背後に存在するという霊的生態系という新たなるソフトを求めて、2012年を超えて人類の集合意識の旅は続くのかもしれません。

想像してみてください。

多くの人々が、この内なる霊的環境意識に目覚め、
その数が臨界点を超えた時、
集合意識が霊的に投影され、光り輝く、
美しい地球の姿を。






729. 空気は完全栄養食品? 管理人 [URL]  2006/03/26 (日) 11:58
ブレサリアンである、ジャスムヒーンさんのセミナーが3月に開催されました。
http://spiritual-tv.com/
http://www.naturalspirit.co.jp/
http://www.teddyangel.com/
参照サイト
http://www.taka45.com/fushoku/joachim/
http://izumo.cool.ne.jp/fairyrose/index.html

最近、リズ・ブルボー著『〈からだ〉の声を聞きなさい』(ハート出版)を読んだら、

「空気は、からだが必要とするあらゆる栄養素を含んでいます。」と述べられていました。

この本は、シンプルで簡潔に魂の進化、調和する方法を述べています。宇宙の情報にアクセスする前に、まず小宇宙である、〈からだ〉の声を聞くことをお勧めします。我々のからだは何でも知っている、最高のスピリチュアルな友人だと思われます。
http://www.810.co.jp/

109歳まで現役で自らの健康法の効果を証明した、ノーマン・W・ ウォーカー著『自然の恵み健康法―野菜とフルーツの自然食』(春秋社)には、空気と水、そして太陽の光は生命体には無くてはならないもので、現代人はこの恵を十分に活用する事が出来ず、自ら不健康な状態に陥ってしまっていると述べています。

空気は窒素79%、酸素21%で構成され、窒素はすべてのアミノ酸とその結合体であるタンパク質を構成するために絶対に欠かせない構成要素(炭素、水素、酸素それに窒素)の一つであり、私たちが吸っている空気中の窒素は血液によって肺から肝臓に運ばれ、そこで化学変化によってアミノ酸構築の原子材料となって、それをもとに全身の細胞を構成するタンパク質が作られると彼は述べています。

彼は「酵素」に注目し、体にとって自らの生命力を活性化するために最も必要なものは、食べ物に宿っている生命力であり、その生命力は「酵素」という名で分類され、酵素こそが原子と分子レベルの生命力のそのものであると断言しています。この酵素は55゜C以上で加熱処理されると死滅して栄養価を失うので、ローフード(Raw Food)、つまり、加熱調理をしない、生の食品を摂取することを勧めています。

アカシックにアクセスするには、自己の多次元的要素、つまり霊的なチューニングと進化が必要になると思います。

しかし今、地球が求めているのは、地球に優しい生き方をするスピリチュアルなブレサリアンやフルータリアンであり、特にアカシックレコードにアクセスできなくとも、からだの声を聞くことができればいいのではないかと思っています。






727. レコードにアクセスしたいのですが・・ ソラ  2006/01/04 (水) 01:50
はじめまして。

アカシックレコードに非常に興味があるのですが、アクセスできないでいます。

寝ている時にアクセスを試みると良いという話は聞いた事があるのですが、出来ないのです。
体が楽になって手足が重くなって爪先が熱くなって・・まではいけるのですが、いざアカシックレコードにアクセスしようとしても耳鳴りがするだけで映像が出てこないのです。

呼吸法もあんまし意味が無いように感じる・・。いや、アクセスできないからそう感じているだけかも知れませんが。

暴飲暴食が原因なのだろうかとも考えました。断食すれば改善されるのでしょうか。

アカシックレコードは、四次元に存在するとか霊界に存在するとか宇宙に存在する等・・いろいろな説が飛び交っていて、所在が掴めないのも現状です。
また、アクセスには瞑想や呼吸法の訓練が必要とされる説から訓練が一切必要無いとされる説まであり、どこからどう考えれば良いのか・・。一方では霊感に左右されるとも聞いた事がありますが、誰でも出来ると言われてもいます。

断食や瞑想は訓練にはならないという意味なのでしょうか・・。

とりとめのない文章すみません。ここなら、何かわかると思って質問させて頂きました。




719. 聖なる栄養で『不食』を楽しむ  管理人 [URL]  2005/11/06 (日) 10:38
聖なる栄養で不食を楽しむ、ジャスムヒーンさんのセミナーがスピリチュアルTVで紹介されています。
http://spiritual-tv.com/
http://www.teddyangel.com/

1993年6月以来、ほとんど何も食べていないことが信じられないくらい、パワフルな女性であることがよくわかります。

世界中では2万人以上が不食を実践していて、彼女の本「リヴィング・オン・ライト」の内容は10年くらい前の情報で、これをそのまま実践することはないと述べています。
老化を防ぐテクニックとして、舌を使って口蓋からアムリタを摂取するテクニックはなかなか興味深いです。

不食にもいろいろなレベルがあり、ベジタリアンなどから始まり、ヴィーガン(ベジタリアンで卵、乳製品、魚も食べない)、フルータリアン(フルーツのみ)、リキッダリアン(液体のみ)、そしてプラーナのみのブレサリアンになるわけですが、食事には各個人によりさまざまなスタイルがあるわけで、自分にあったレベルを選択すればいいのでしょう。

参照サイト
http://www.taka45.com/fushoku/joachim/
http://izumo.cool.ne.jp/fairyrose/index.html

現代の栄養学は分子レベルで、栄養素(ビタミン、ミネラル、タンパク質など)を理解していますが、これからは原子や素粒子レベルでプラーナを理解することが栄養学の課題となるでしょう。自然界で太陽エネルギーを直接吸収する能力をもっている色素分子は、クロロフィル(葉緑素)で、この物質により、植物は太陽エネルギーを体内にたくわえます。

我々は、植物や植物を食べた動物や魚(光合成を行なう植物プランクトンを摂食)をたべることで、その中にたくわえられた太陽エネルギーを間接的に摂取し、すべての生物は、この太陽エネルギー(プラーナ)で生きています。

この太陽エネルギーは加熱するとかなり失われるので、生(RAW)の野菜やフルーツを食べることが最も効率がよく、またプラーナを吸収する「経穴」は、肉、卵、乳製品を摂取すると塞がってしまうらしいです。

一日3回食事する人から、最後のブレサリアンまで、我々はプラーナで生きているのが真実で、それをどのようなライフスタイルで摂取するかの違いだけなのです。

この聖なる栄養(プラーナ)を、どのように楽しむかという自由は、我々ひとりひとりの選択に任されていて、それは人類の意識進化とシンクロしていることは確かなことだと思われます。





717. ほんとうの私?、それは偽者かも。 mhasebe [URL]  2005/10/29 (土) 01:05
人間ってなんだろう。

みんな母親から「おぎゃー」と産声をあげて生まれてきた。どんな国に生まれても皆、生まれてきた時は(肌の違いこそあれ)猿のような顔をしてほとんど同じだったのに・・・・。

もし、宇宙がある法則によって成り立っているのであれば、この一人ひとりの差(生まれた瞬間から生まれ育つ環境、出会いも含めありとあらゆるものが違うということ)はどこからくるのだろう、と考えた時ほんとに恐ろしいことだが、生まれる前の前世(人それぞれぜんぜん違う。)があるとしか考えられない、という輪廻の結論に達した。

私 はあるときから、自分が何ものであるかが、「わかった」。

私は私(過去から続く)以上でも以下でもない。

私の存在(肉体も精神も)は大局においては何の意味もない。

生きている・・・

 自由・・・。

それすらも定かではない。

何をしたいのか、何を求めているのか、

それさえも、ほんとはどうでもいい。

形式と道徳と法律の中で何食わぬ顔をして生活している私というものがほんとうの私?。

 それは偽者かも。

ただ、単えにそういう自分の現環境と自分のそれに見合う現忍耐とが奇跡的に現時点でバランスをとっているから今があるに過ぎない、

ということに改めて気付いた。

そして明日はまた、迷路のような人生をとめどもなく歩み、今日のことはいつか忘却されていく。

私たちが生まれる時、過去のことを何も覚えてなかったように・・・。

しかし、その行いと想いは歴然とアガシックコードに刻まれ来世の人の差となる。




709. 小食 にじいろ [URL]  2005/09/10 (土) 14:53
この15年ほどの間に、玄米菜食主義からライトボディ瞑想〜アーユルヴェーダなどいろいろとその流れから試みた末…気づいた頃にはかなり小食となっておりました。
テクノストレス&ワーカーホリックが勿論主な要因で、あまりに仕事に没頭しすぎて食事のタイミングを失っていったことから食べない事になれてしまった胃がだんだん小さくなってしまったことにもあったようです。(ウイルス性急性胃腸炎で入院した折りの精密検査で、あまりの胃の小ささに医師は首をかしげ「どうやって食事を摂っているのか?」質問されたほど。)
さらに一時期はほとんど日に当たらないパソコン仕事で菜食主義を貫いた結果、脳内ホルモンが正常に働かなくなり、パニック障害やうつ病などになってしまった経験からも、逆に私自身が生きていくために最低限必要なものは何であるかをき確認できたようにも思います。
それは、太陽の光〜土や植物に触れる、一日10分以上歩く日課と、美味しい水を飲む、顔の見える心がつながった生産者の作った有機農産物を食べることと、何より大切なのがわくわくする心から好きなことに没頭する事ということでした。
これぞ「霞」のようなものであり、わくわくする心が心身の健康をつくる一番の要素であることがわかり、物理的にただ良質な食べ物があっても、それを食べたいと思う食欲や気力が起きないといった、現代社会の「飽食の中の飢餓」という情況であることも実感いたしました。
まずは霞と光をきちんと摂取することによって、固形物や液体の食物摂取量の減量を試み<それによって過剰な欲望をコントロールするスキルを身につける>環境や健康へのインパクトを同時に減らして行くことも出来るのではないだろうか?ということを自ら実践研究中です。
余談ですが、先日全く違う目的から「小食」を実践している友人と二人で趣味に没頭する3日間過ごした結果、食費が1/2に押さえられた上、身体の調子も上々で大変^_^だったことからも、小食で人生を楽しむ交流の輪を広げていきたいなと思いました。




705. 28世紀のEXPO 管理人 [URL]  2005/03/25 (金) 19:37
28世紀の万博でもあるWingMakersの本が発売されました。ブログでも述べましたが、この意義をニールのインタビューとともに考えてみました。
http://spiritual-tv.com/
http://www.teddyangel.com/

「西洋人のスピリチュアリティとはかなり違うものですが、日本人は大変にスピリチュアルな人々だと思います。」

これはWingMakersを西洋人とは別な視点からとらえた新しいスピリチュアリティ創造の可能性が考えられます。

「日本という国は発明や発案を長い間得意とし、力強い原動力としてきた素晴らしい国です。」

今回の本の出版を機会にWingMakersが多くの日本人に受け入れられ、そこから大きな革新や新たな発見が生まれ、大きな成果がもたらされるかもしれません。

「現在は人間にとって驚くほど素晴らしい時代の幕開けです。今まで聞いたこともないような新しい明日を創造し築き上げる時がもうすぐ、そこまでやって来ています。
存在のしかたを新たに考案し、つくるべき時なのです。」

21世紀の国際博覧会『愛・地球博』は3月25日から開催されています。
http://www.expo2005.or.jp/jp/index.html

国際博覧会の歴史は、人類が築き上げてきたその時代の技術・芸術・建築の最高のものを世界に向かって発信すると同時に、また各国の産物や風俗を紹介しあうことで世界の文化交流の一環としておこなわれてきました。

しかし21世紀の現在、人類が直面する地球規模の問題解決と新しい文化・文明の創造を目指して、人類の新しい生き方を発信するため開催されています。

WingMakersとは28世紀という未来からやってきた博覧会であり、それを新しい発想で革新し日本から世界に向かって発信することが、彼らの提唱する全地球的(グローバル)文化への第一歩となるのかもしれません。

何故なら、私たちとWingMakersとはハートと魂の友人なのですから。




704. 人生の真の利益(意味)とは何か? cytron [URL]  2005/03/20 (日) 15:15
 確かにさまざまな事象の二極化が激しいとわたしも感じています。
 今も昔も持つ者と持たざる者の争いだったように思えます。物質や資源、金銭や権力、そして自分の方が優れているという価値観。(本人がそれぞれ言うのですが)そもそも『所有』ほど人間らしい考え方はないように思えます。結局人間が勝手にでっち上げたものですよね。人として、人生の中で、真の豊かさ、意義とは何なのかということをこれからはそれぞれのひとが自分の内で答えを見いださなければならないように思えます。これは創造です。今までは教えられたこと、前からそうだったことに倣ってみんな生きてきましたから。教育なんかまさにそうですよね。与えられたことをこなす能力で、『それは何故か』と問うのは非難の対象になってしまいます。
 人間にとって、「自分は間違っているかもしれない」ということほど耐えられないことはないのかもしれません。条件付きの愛の中で誰もが育ってきましたから、間違っていたら愛されなくなるし、罰を受けるかもしれません。自分が誰かからしてもらえなかったことをひとはできるでしょうか? 結局ひとは幼い頃からの『心の傷』を最後まで克服できないまま、寿命が尽きてしまいます。

 そこでわたしのアイデアです。『人生の真の利益(意味)とは何か?』と、問うのです。これが一番『答え』です。答えだけを言うと、ひとはただ模倣だけをし、また同じ過ちを繰り返すからです。
 ひとは互いに繋がりがあり、同時に環境にも支えられています。ですので人間同士で争うのはもちろん、動植物の虐殺もやめねばなりません。何にもまして、当たり前のことのようにも思えます。何故それをしないのかというと、自分らの利益が損なわれるからです。「本当にそれは利益なのだろうか」と、ひとは問わねばならないのでしょう。このとき始めて不幸を意識し、世の中の地獄を体感します。ですがこの世を天国にするには、どうやら地獄からスタートしなければならないようです。

 以上、このスペース(宇宙)を使って、わたしなりの考えを書かせてもらっちゃいました。またね〜。




700. ニールのインタビュー 管理人 [URL]  2005/02/20 (日) 10:35
神と対話した男、ニールのインタビューがスピリチュアルTVで紹介されています。
http://spiritual-tv.com/
http://www.teddyangel.com/

日本人へのメッセージが特に興味深いです。

日本人は大変にスピリチュアルな人々だと思います。西洋人のスピリチュアリティとはかなり違うものですが、とても深い精神文化であり、人々の日常生活において深い意義を持っています。

日本人は古くから、新しいものを取り入れることを得意とする革新者であり、偉大なる発明家たちです。遠い未来を見据えたうえで、それを現在という時間に持ってきて、未来がうまくいくためには、これが必要なのだということが出来る人々なのです。

医学や技術、自動車や建築などを含む多くの分野において、将来を見据えた素晴らしい進歩が日本人によって成し遂げられ、日本から世界にもたらされてきたのは偶然ではないのです。

もしも、このような天才的な才能を使って、新しい明日を創造するためのスピリチュアルな解決方法を、より早急に考案することが出来たら、そこには無限の可能性が広がります。

この惑星にそのようなことを成し遂げるために立ち上がる準備が出来ている人々がいるとしたら、それは日本人にほかなりません。

最近読んだ、「臨死体験」を超える死後体験III(坂本政道著)にはタイムライン・プログラムを使って、2020年の世界を訪れた様子が述べられています。そこには、古い価値観にしがみつく人々と、新しい価値観を創造する人々に、人類が二極分化する情景が展開されています。
http://www.geocities.jp/taidatsu/

これから地球規模で、あらゆるものが二極分化していくと予想されます。異常気象や巨大災害による、住める場所と住めない場所の二極分化、犯罪や紛争など暴力志向の人間と、調和と平和を志向する人々の二極分化、これらは国際社会だけでなく国内でもこの二極分化は確実に表面化するでしょう。

この暴走する世界の二極分化を、和のスピリチュアリティを持つ日本人が、どのように解決するのか楽しみなところです。




697. 新しいライフスタイル・『不食』 管理人 [URL]  2005/01/17 (月) 16:20
最近、アセンション情報のなかで一切食事を取らずに生活している人々が世界中で 増えているみたいです。そのうち、スピリチュアルTVにも登場してくるかもしれませんね。
http://spiritual-tv.com/
http://www.teddyangel.com/

ブログでも紹介したジャスムヒーンさんによると不食は7段階のイニシェーション・レベルの第3段階だということなのでアセンションレベルではまだ中間点の通過にすぎません。

下記のブログでも述べているように、不食を実行している人々は、植物に近い存在であり、それは太陽や空気から直接エネルギーを得ることが出来る独立栄養生物であり、現在の我々や動物などのように他の生物にその栄養を依存する従属栄養生物からシフトしたと考えるべきかもしれません。
http://x51.org/x/05/01/1506.php
http://x51.org/x/03/11/2452.php

このブログにはさらに興味深いことが紹介されています。
幼児が7歳になるまで母乳を与えた結果、8歳になるまでには何の苦もなく独立栄養人間となることが出来たそうです。

65年間に渡って水も食料も摂取せずに生活している男、プララド・ジャニ氏は、尿は生成されているが排尿されず、膀胱で吸収され、空気から水を得ていることや口蓋に孔があり、そこから流れ出すエネルギーを摂取していると述べています。

我々の身体には、何も食べず、何も飲まずに生きていける自給自足のシステムが内在していて、それはプラーナなどの多次元エネルギーの流入と共に活性化し、2012年へ向けて不食人口の数も急増するのではないでしょうか。

阪神大震災から10年、年末のスマトラ島沖地震やインド洋巨大津波などこれから大災害が頻発する可能性もあります。

そのような災害時のサバイバル術の一つとして『不食プログラム』は有効で、たとえば100万人分の備蓄食糧を1000万人分として活用させることも可能かもしれません。

『不食』という新しいライフスタイルがこれからどんな展開をしていくのか、なかなか興味深いです。




695. チャクラを開く みろく  2005/01/16 (日) 15:12
矢追純一オフィシャルサイトからの情報です。
あるインドの団体からの情報だそうです。
2012年までにすべてのチャクラを開かないと事故や災害で怪我などをするというのです。
チャクラを開くには、人間のレベルを上げる必要があります。
皆さん、チャクラってご存知ですか?
人間に存在する霊的センサーとでもいいましょうか。
ここが開くことによって例えば健康になるとかいろいろな能力が発現します。
主だったものは7つです。
「すべてのチャクラを開かなければ」というのはおおげさな気がしますが・・・。
私は2012年に地球規模の天変地異があるのではないかと考えています。
私はそのときまでには下位の3つのチャクラをある程度開いていないと
天変地異で死に至る可能性が高いと考えています。
まず、関係する元素は第1のチャクラ(ムーラダーラ)は地元素(肉体・骨)、第2のチャクラ(スヴァディスターナ)は水元素(血液・体液)、第3のチャクラ(マニプーラ)は火元素(消化)です。
ですからチャクラが開いていない場合、第1は例えば地震等による怪我、第2は水害、第3は火事などの経験をする可能性が高いのではないかと思います。
その対抗策をいくつかあげると、第1は生き物を殺生をしないこと(ベジタリアンが望ましい)、第2は必要以上に性エネルギーロスをしないこと、第3はちょっとしたことでカッとならないこと(「ムカツク」という言葉を使わない)、第4は人の物を盗んだり、必要以上のものを買わないこと。
さあアセンションに向って意識レベルを上げていきましょう。あなたは100匹目の猿になれますか?
チャクラに関しては・・・
@www.eonet.ne.jp/~kilala/tyakura.htm
Avedicwisdom.jp/what-chakra.html
Bwww.aleph.to/doctrine/mystery/3-002.html





694. 神の世近づく みろく  2005/01/10 (月) 21:31
1度このHPを少し覗いて、いちおうメモっていたので久しぶりに拝見しました。
今日、目白のBOOK・OFFに行ったらラビ・バトラ氏の『世界同時大恐慌1995〜2010』の本が目立ちました。偶然にもこの掲示板にて『世界同時大恐慌1995〜2010』の話があったのですが、示唆のような気がします。今日あいにくお金がなくて買いたい本がまだあったのですが、買えませんでした。明日にでも行って、ラビ・バトラ氏の『世界同時大恐慌1995〜2010』も買いたいと思います。
ノストラダムスの予言詩にオリンピックの後、カリフォルニアのサンアンドレアス断層の地震によって大きな被害がでるという予言があります。このカルフォルニア地震の予言詩は多くあるようです。
私は日時まで解読しています。2012年9月2日です。
その17時間前には北海道・東北大地震です。
つまり9月2日が資本主義の本格的な崩壊の日になると私は考えています。
ノストラダムス研究家の五島勉氏はイソップ物語は予言だったと考えられていますが、私もそう思います。「アリとキリギリス(原作はアリとセミたち)」「牛と蛙」「狼と羊飼いの少年」の話は大地震によって2大大国が崩壊していくことを予言したものと考えています。
私はHP「ノストラダムスの予言の科学的研究」にときどき投稿してので見てください。
管理人さんはゲーリー・ボーネル氏と親しいのですか?
アカシックレコードを読み取るというのは、私たち凡人にはよくわかりませんが・・・。エドガー・ケーシーはアカシック・レコードを読み取っていたと言われていますが、私はノストラダムスもアカシック・レコードを読み取っていたと考えます。占星術は使えたと思いますが、予言には占星術を使っていたと考えていません。予言詩に星の配置を書いて日時を示すために使っただけと思います。
なわふみひと氏の『2012年の黙示録』に日月神示をとりあげています。その中に以下の文があります。
「一日十万、人死にだしたら、いよいよ神の世が近づいたのざから、よく世界のことを見て皆に知らせてくれよ。」




693. 資本主義崩壊の始まり・・・2005 管理人 [URL]  2005/01/01 (土) 10:21
今年もアセンション情報や関連ニュースなどを紹介していきたいと思います。
http://spiritual-tv.com/
http://www.teddyangel.com/

ブログでも紹介したラビ・バトラ氏によると資本主義の余命はあと5年だそうです。彼の『世界同時大恐慌』には、2005〜2010年に起こる世界的な大恐慌で、搾取的資本主義は崩壊すると予見しています。
この本には他にも、
・ブルックリン橋やヤンキー・スタジアムへのテロ
・ヨルダン川上流、「メギドの丘」への核攻撃テロで始まる第5次中東戦争
・ドル暴落による米国金融恐慌から世界同時大恐慌へ
・異常気象、地震、台風による米国農業直撃と食糧危機
・米国と中国激突の可能性
・円の暴落と財政悪化による日本国家の破産
・搾取的資本主義から、救世主プラウト主義経済への転換

彼は現在でも、日に2時間の瞑想を実践する経済学者であり、アカシックレコードにアクセスしていると考えられます。
本の冒頭にも、これは「予言」でも「予測」でもなく、瞑想の中で得た”神の啓示”であり、極めて近未来に起こりうる可能性の高い、クライシス・シュミレーションであると述べています。

彼のアカシック情報は経済学というフィルターがかかっていて、それも考慮すべきかもしれません。また、スマトラ沖地震や、ウクライナが第三次世界大戦の「サラエボ」になる可能性など頻発する自然災害や衝撃的事件の影響で集合意識の流れも、時々刻々と変化しています。

しかし、ゲリー、ニール、そしてラビ・バトラと三者に共通しているのが、人類の生存をかけて、これからの5年間が正念場になるという認識です。それが「絶望の時代」になるのか、それとも「希望の時代」となるのかの判断は皆さんにお任せします。

あなたがこの時代に生まれ合わせ
世界を統べるべき霊的影響力の
到来の準備にあずかれることを喜びなさい。
   〜 エドガーケイシー




690. スピリチュアル・ピースメーカー 管理人 [URL]  2004/11/10 (水) 10:15
平和の使者として活躍しているジェームス・トワイマンさんがスピリチュアルTVで紹介されています。
http://spiritual-tv.com/
http://emissary.jugem.cc/

インディゴ・チルドレンと呼ばれるサイキックと癒しの力を持つ子供たちの映画『インディゴ』の上映や、「世界中の人々がいっせいに祈るとき、私たちはふたたび祈りの持つ驚くべきパワーを目の当たりにするでしょう。」と平和を創造する人”スピリチュアル・ピースメーカー”を応援しています。

米国大統領選ではブッシュ大統領が再選されましたが、ゲリーはブッシュは暗殺され、そのカルマはケネディ大統領暗殺のころまでさかのぼると述べていました。
それに関して、現ブッシュ大統領の父(ジョージ・ハーバート・ウォーカー・ブッシュ)について下記のブログでは興味深いことが述べられています。
彼が、J・F・ケネディ暗殺時に現場付近に居て、事件直後に当時のFBI長官フーバーと会談し、暗殺についての真相を隠蔽しているという疑惑。
03/24/2004の記事参照
http://hiddennews.cocolog-nifty.com/gloomynews/cat114727/index.html

また、アメリカ大統領には、「ゼロ・ファクター」と呼ばれる奇妙なサイクルがあり、1840年以来の20年周期の大統領は任期途中で非業の死を遂げるという伝説です。
1840年 9代 ヘンリー・ハリソン 肺炎で死亡
1860年 16代 エイブラハム・リンカーン 暗 殺
1880年 20代 ジェームズ・A・ガーフィールド 暗 殺
1900年 25代 ウィリアム・マッキンレー 暗 殺
1920年 29代 ウォーレン・G・ハーディング 肺炎か食中毒死
1940年 32代 フランクリン・D・ルーズベルト 脳出血で死亡
1960年 35代 ジョン・F・ケネディ 暗 殺
1980年 40代 ロナルド・レーガン 暗殺未遂

レーガンは暗殺未遂だったのでブッシュはどうなることやら。最近、オリンピックの翌年は大事件が発生しているので、2005年などターゲットになるかもしれません。

来年の2005年から、世界的な激動もますます加速されると予想されるのでスピリチュアル・ピースメーカーたちの活躍に期待したいところです。




681. 2012年のオリンピック 管理人 [URL]  2004/09/11 (土) 23:47
20世紀はオリンピックと紛争が互いに協力して戦争という一つの流れを創り出してきました。ホゼ・アグエイアス氏は、2012年に文明サイクルが終焉を迎えると予言していますが、五輪サイクルも2012年で終わるかもしれません。
http://spiritual-tv.com/

最近、オリンピックの翌年は大事件が発生しています。オリンピックが戦争に呑み込まれ開催されなくなり、アテネや次が最後になる可能性もあります。

9.11テロから3年が経とうとしていますが、テロは終息するどころか、世界各地で爆弾テロが相次いでいます。テロ撲滅のために「テロには暴力を」の軍事作戦は、いたずらに憎悪を増幅し、暴力や新たなるテロを生み出しています。

東西冷戦を支えていたロシアのパワー信仰が北オセチヤでの学校襲撃テロを引き起こしたように、テロとは私達の集合意識が創りだした結果であり、多くの人々は悲惨なレッスンでそれを理解していくことになるのでしょう。

テロの原因は、「力は正義なり」というパワー信仰の意識構造そのものに深く根ざしていて、我々の意識を変えない限りその根絶は不可能であると思われます。

いよいよ2ヵ月を切った米大統領選挙ですが、奇しくも40年前、1965年2月からアメリカは北ベトナム爆撃を開始、ベトナム戦争に本格介入、泥沼の戦いに突入しました。ケリーも1968年からこの戦争に従軍しています。当時の大統領はジョンソンでしたが、同じ南部出身の再選されたブッシュが第二のベトナム(イラク・イラン地域)の戦争に世界を引きずりこみ、2005年から世界は大きな危機を迎える可能性もあります。

「2005年に信じられないくらい世の中が激動する映像が繰り返し浮かび上がってくるのである」と述べたラビ・バトラの言葉が現実化するのかもしれません。

アテネオリンピックで日本が活躍したように、多次元のエネルギーの加速で日本人の集合意識が非常にパワフルになっているのは事実で、私たち一人一人が、和をもったパフォーマンスで世界の意識変革する時代が到来したのかもしれません。




680. ペンジュラム講座 草と風の母 [URL]  2004/08/23 (月) 21:55
ペンジュラムと惑星の動きには関連があるとか、そうよね。ペンジュラムに興味が湧いて、勉強会を企画してみました。9月23日(祝)13時〜16時横浜山手のシックな洋館234番館。定員10名 参加費1500円。講師はアロマセラピストの泉スージーさん。選び方、手入れ方、使い方、注意点ほか、アメリカ・メキシコのヒーリング事情も!環境もいい場です。
老子の言葉 タオのネットは、宇宙全体を覆い、その網目は大きくても、それをすり抜けるものは何もない。
最近、個人的に気になるのはペンジュラムと老子の言葉。




678. 大統領選の行方 管理人 [URL]  2004/08/06 (金) 18:49
最近、アセンション関係のサイトは多いのですが、雑誌は少ないです。
http://spiritual-tv.com/
http://teddyangel.com/
http://www.anemone.net/
その数少ない雑誌「アネモネ」の8月号に太田龍さんがアメリカで再び起こるテロの可能性について述べています。

今年の4月23日のASPフランス通信の記事によると「アメリカの下院は、テロまたはその他の災害によって少なくても百人の議員が死亡するという事件が起きた場合には特別の選挙を実施する、という法案を採択した」と伝えています。

この記事から考えられることは、今年の大統領選前に大規模なテロが起こって多数の議員が殺され、選挙は中止、戒厳令が敷かれて、アメリカは反米勢力と戦う戦闘国家に変身する可能性があるということです。
・・・・・
第二のベトナムの可能性、徴兵制も復活すると述べられています。

2004年の年頭にキッシンジャーが、ブッシュはラクラク再選されると断言していました。実際、オリンピック年の前後は紛争や事件が多いのも事実です。

アカシック的には、テロリストはその人が必要としたときに現れ、そしてテロは、その体験から何らかのレッスンを学ぶために起こると考えられます。

ブッシュもケリーも「強いアメリカ」を標榜していますが、この強さとは軍事的パワーそのもので、テロもその一種です。このようなアメリカの力や武器に頼るパワー信仰という意識構造が、類は友を呼び、テロを引き寄せていると思われます。

問題の本質は秘密結社やアルカイダなどの外部にあるのではなく、暴力や破壊行為を支持し、その存在を許しているアメリカ国民の集合意識そのものかもしれません。

一人一人が内なる暴力志向に気づき、そして覚醒するまでテロというレッスンは繰り返され、地球的規模で拡散していく可能性もあります。これもアセンションの隠れた一面なのでしょう。




673. INDIGO RUMITTO  2004/07/20 (火) 01:33
「神との対話」のニールさん主演映画「インディゴ」がこの夏日本でも見れるらしいです。http://www.naturalspirit.co.jp/workshop/twyman/jamestwyman2004.html




670. 文明サイクルの終わり 管理人  2004/05/03 (月) 07:03
ホゼ・アグエイアス氏は「2012年に向けて、我々は文明と言うもののサイクルの終わりに来ているのだと言えます」と述べています。
http://spiritual-tv.com/

彼がいうところの文明とはルネッサンス以降のヨーロッパで生まれた科学文明であり、この科学文明は地球環境を破壊させる危険性があることは明らかです。科学文明も終焉が近づきつつあるような気がしています。

文明サイクルの終わりは、人類の滅亡という意味ではなく、2012年に向けて、いよいよ物質的な科学文明から人類の精神面を探求した意識の科学文明へのパラダイム・シフトが起こると予想されます。

5月1日にEUが25カ国体制に拡大しました。人口は4億5000万人、GDPは約10兆ユーロで、米国に匹敵する巨大経済圏になりました。欧州共同体(EC)が1967年に発足してから5回目となる今回の拡大は、地政学的にも大きな変化をもたらし、EUと米国がライバル関係になる可能性も指摘されています。

今回のEU拡大はスタートの始まりに過ぎず、これからも地球的規模で統合、編成がおこなわれていくと思います。そして、20世紀の大戦を誘発した自給自足的なブロック経済化という大きな流れになるのでしょうか。

この地球は将来、大きく3つの地域ブロックに分けられていくとゲリーは述べていました。今回の拡大がグローバル化した世界経済と対照的なブロック経済の再来になるのかなかなか興味深いです。




656. パラダイム・シフトと暦 管理人  2004/01/12 (月) 14:33
「時間の科学」の提唱者=ホゼ・アグエイアスの講演が4月に予定されています。(スピリチュアルTV)
http://spiritual-tv.com/

1582年から地球の人口が5億から急増し始めたのは、グレゴリオ暦(1582年制定)を採用してからであり、パラダイム・シフトの根底はカレンダーであり、カレンダーを変える事がいかに重要(革命的)であるかというホゼ・アグエイアスの説を紹介しています。(No.C参照)

ホゼ・アグエイアスはグレゴリオ暦は人工的なリズムであり、そのため人類は自然のサイクルと共鳴することができず、本来のリズムには合わない生活を送り、環境は破壊され、地球の生態系は脅かされていると述べています。

江戸時代(130年前)までの日本は、月の満ち欠けを一ヶ月とする太陰暦が行われていました。しかし、1872年(明治5年)現在も使用している太陽暦へ改暦しました。その後の明治以降の日本が西欧化し急激に変貌したのもこのカレンダー(暦)を変えたというパラダイム・シフトがその一因かもしれません。

自然と調和していた江戸時代というパラダイムが崩壊して、その後の日本は生態系を破壊するという西欧風のパラダイムを取り入れ現在に至っています。

NHK大河ドラマでも新しく「新選組」がスタートしました。
幕末という波乱の時代を駆け抜け、そして滅びていった新選組が太陰暦からグレゴリオ暦というパラダイム・シフトの変遷と崩壊にオバーラップしていて面白いです。

ゲリーによると明治天皇が現在の小泉首相に転生しているらしいのですから、幕末とシンクロして現在の日本も激動期(パラダイム・シフト)を迎えていることは確かなことと思われます。




654. 激動の始まり・・・2004 管理人  2004/01/01 (木) 00:12
今年も世界的な変革や社会構造の変化が予想されます。
それに関してはブログ(Akashic Way)でもアップしていきたいと思います。
http://akashic.way-nifty.com/

この地球的規模で行なわれているシフトをどのように考えるのかは皆さんの自由です。しかし、多くの魂がこの激動を自らの肉体で体験するためにこの地球に生まれて来ていることは事実だと思います。このようなチャンスは人類の歴史でもめったにないことであり、それが現在の人口爆発の一因になっていると思われます。

それぞれ一人一人が、この地球に生まれることを選択し、生前、自分が設定した課題を体験し、そして自らの意志によりこの惑星を去っていくことになるでしょう。

光の十二日間では、2004年と2007年の2つの年に、多くの人々がこの惑星を次元上昇すると述べられています。しかし、最近の国際情勢を観察していると集合意識の影響でシフトのタイミングがズレ、遅れ始めているようです。

そして、シフトの加速を気づかせるために地震や自然災害という地球からのメッセージは増加し、大規模の災害も予想されます。

これからもアセンションに関して調査、モニターを継続し、宇宙的規模で行なわれようとしているこのシフトの情報をアップしていきたいと考えています。




652. ウェブログ≫ Akashic Way 管理人  2003/12/08 (月) 08:46
MLは更新や追加編集で制約が多いので閉鎖しウェブログを代わりに始めました。(通行人さんの退会処理も終了)

ゲリーのセミナー説明会をスピリチュアルTVで見て、アカシックレコードの奥深さに気づきました。
http://spiritual-tv.com/

最近は、アセンションや地震関係ばかりに注目していたので、アカシックレコードについては無関心で事実、勉強不足です。そこでウェブログ(Akashic Way)スタートさせました。
(メールアドレスの入力が必要ですが、投稿も可能)
http://akashic.way-nifty.com/

宇宙情報、変動する地球のニュース、そしてアカシックレコード関連についてのトピックスなどをアップしていきたいと考えていま



651. Re: MLについて 通行人  2003/12/07 (日) 23:00
余計なお世話かもしれませんが、
文字化けする大半の理由は自分の環境によるものです。
管理人に質問する場合は最低限、
 @、自分の使用しているPC(OS名)
 A、自分の使用しているメーラー(メールソフト)
上記2つ位は書き込んだほうが良いと思います。
ちなみに、Windowsに付いてくるOutLookExpressなら
「表示」→「エンコード」で文字コードを任意のものに
変えてやれば表示されます。
もちろん、送信側のエラーで文字化けすることもありますが。
余計な意見で気を悪くされたら申し訳ありません。

> 先程、MLに登録しようと思い申し込んだのですが、配信された内容が文字化けしていました。何か不手際があったのでしょうか?掲示板をお借りして申し訳ありません。
>
> 未来に危惧を抱いてらっしゃる方も多いかもしれませんが、こんな時こそ自分の意識を研ぎ澄ましてみませんか?瞑想という言葉を使うと特別な事のように思えますが、ただ自分の奥深くにあるものを見つめる時間を作るのは誰にでも出来ることではないでしょうか?
> 常に、自分が偉大なアカシックレコードの中にあることを意識しながら・・・・。



648. MLについて ムーみん族  2003/11/12 (水) 23:46
先程、MLに登録しようと思い申し込んだのですが、配信された内容が文字化けしていました。何か不手際があったのでしょうか?掲示板をお借りして申し訳ありません。

未来に危惧を抱いてらっしゃる方も多いかもしれませんが、こんな時こそ自分の意識を研ぎ澄ましてみませんか?瞑想という言葉を使うと特別な事のように思えますが、ただ自分の奥深くにあるものを見つめる時間を作るのは誰にでも出来ることではないでしょうか?
常に、自分が偉大なアカシックレコードの中にあることを意識しながら・・・・。



646. ハ−モニック・コンコ−ダンス エピステ−メ  2003/11/09 (日) 00:49
はじめまして。
自然な流れで本日この情報掲示板におじゃますることが出来ました。改めて光のサ−ファ−であることに感謝と誇りを感じました。ハ−モニック・コンコ−ダンスとすばらしい未来に乾杯です。



645. 私もアカシックレコードに訊いてみたい ムーみん族  2003/11/02 (日) 14:02
アカシックレコードという言葉の響きには異常なまでに心を駆り立てられませんか?どんなに知ろうとしても覗こうとしても踏み入ることのできない厳かなシステムでありながら、人が無我の境地でいる時には絶え間なくアクセスしてくるようで、いや、自分の潜在意識が働きかけているのかもしれませんね。
大人になるに連れ日常の煩雑な出来事に振り回されて本当の自分を見失いがちになりますが、こどもの頃、何気ない生活の中で閃きや直感を受け取ったときの感動は忘れられません。

人は生まれる前に自分の人生を自らの意志で選択し“この世”に存在して来ると思っています。本来の自分が望まない生き方を進もうとする時に大きな根源からのメッセージをを受け取ったり、逆に自分を後押ししてくれるような出来事に遭遇する時、アカシックレコードの偉大さを思わずにはいられません。1人の人間の意志は私達が考えるよりもずっと大きなものでしょう?と聞いてみたくなります。「アカシックレコード」に・・。



644. アカシックレコードに訊く 管理人  2003/11/01 (土) 19:03
カリフォルニアの山火事と太陽活動が関係しているのかは不明です。今年の6月の活動期の時は、1〜2ヵ月くらいのタイムラグでヨーロッパの異常高温や日本の冷夏が起こっています。マヤの長老ではありませんが、これから年末にかけても災害モニターは必要かもしれません。
http://www.cyberspaceorbit.com/

スピリチュアルTVでゲリーの「アカシックレコード」セミナー説明会がアップされています。
http://spiritual-tv.com/

内容はアカシックレコードやゲリーのところへ相談に来たクライアントの話です。避けられないイベントを事前に察知して、それを変える話などがあって面白いです。興味深いのは、No.Cで我々の避けられないイベントというものは実は生まれる前に自分自身が置いたもの(設定したもの)であると述べています。

自然災害などもその避けられないイベントと考えることも可能性で、ゲリーはすべての人間は90日前から将来何が起こるかがわかっていると述べています。

これから何が起こるのかは筋肉などの細胞や潜在意識レベルでは予知していて、植物生体電位で地震を予知するように、我々の神経細胞、筋肉細胞はアカシックレコードのエーテル帯と緊密にアクセスをしていて何らかのシグナルを受け取っているのかもしれません。
しかし、日常の意識はそのシグナルを見落とし、無視していて有効に利用することができないのでしょう。

VOICEのHPでゲリー友人でもある、クリスのアカシックレコードのセミナーが紹介されています。
http://www.authenticresponse.com/
http://www.authenticresponse.com/biography.html

略歴によると
1991年、Gary Bonnell-アカシックレコード・トレーニングなどとありゲリーと基本的には同じタイプと考えられますが、リーディング能力はゲリーのほうが上のように思えます。彼はEarth Changes TVにはゲストとして以前から登場したりして、アメリカではゲリーよりも有名なのかもしれません。

これから2004年にかけて、
いろいろなイベントがありそうですが、
アカシックレコードに訊くのも面白いかもしれません。



639. マトリックス革命と意識の進化 管理人  2003/10/23 (木) 19:48
木星サイズの黒点が現れたりして、
最近の太陽活動は活発化しています。
http://spaceweather.com/

今年の6月頃にもピークがあり、
この夏のヨーロッパの異常高温、
日本の冷夏など地球全体の平均気温の上昇と
関連しているのかもしれません。

WIRED NEWSに
『マトリックス レボリューションズ』の
インタビュー記事があり面白いです。
http://www.hotwired.co.jp/

第1作では、機械によって考案された監獄に人々が
閉じ込められていることがわかる。
第2作の『リローデッド』では、
その世界を動かしている力の構造を知り、
(キアヌ・リーブス演じる)ネオが救世主となるために、
すなわち、
その世界の住人を精神的な奴隷から解放するために
何をすべきかが発見される。
しかし同時に、ネオだけでは人々を救えないことがわかる
──自由というのは、
人それぞれが選び取らなくてはいけないものだということだ。

これはアセンションにも同じことがいえます。

本人がどのような現実(マトリックス)でも
創りだせるわけですから、
自由にどのマトリックスでも選択が可能で、
アセンション・マトリックスも
各自が自由意志で創造し体験できるわけです。

つまり神や他人がその本人のアセンションを
創造しているわけではないのです。

精神的な自由とは、各個人が自ら選択し、
現実化することによって獲得しなければならないのでしょう。

11月5日の映画公開と11月8日のハーモニック・コンコーダンスと、まさに11月はマトリックス革命という意識進化が起こるのかもしれません。



638. 夢の中で ムーみん族  2003/10/19 (日) 18:56
先日、睡眠中の私の思考の中に、誰かが入ってきました。夢の中の思考にアクセスされる感覚って初めてでしたが、一方で、どうして夢の中を覗けるのだろうと気づいた自分がいました。目を覚ましてからも普段と違う意識に、「悟るんだ」と言ったモーフィアスの言葉ばかりが浮かびます。
意識のシフトは突然訪れるのか、徐々に進行しているのかはわかりませんが、直感を見逃さないことが問われているような気がしてならないのです。
いずれ、時間という概念に対しても万人が共有できる日が来ると信じています。
管理人さんのアセンション情報を、私は貴重なものとして受けとめています。これからも楽しみにしています。



637. 2003年11月8日のシフト 管理人  2003/10/19 (日) 10:30
相変わらず地震活動は続いていますが、
来月の11月8日に 皆既月食(日本では9日、見えません)が起こります。
http://www.apollostar.com/ohkawa/eclipse/list.html
そのための地震関係のモニターは必要かもしれません。

この日は占星術的にも、 ハーモニック・コンコーダンス(調和振動の一致?)という興味深いイベントが起こるという情報があります。
http://homepage2.nifty.com/silverring/index.htm

面白いことに、マヤの予言で有名な2012年は誤りで、2003年が、これに対応する正確なグレゴリウス年であるとか、2003年晩秋に「時間の裂け目」もしくは「時間の穴」が現われ、この時間の裂け目を通って「光輝く身体」に歩み入ることができるなどと述べられています。

フォトン・エネルギーリポート(予測)によると10月のほうがエネルギー的(物理量ではない)には高かったです。
http://www.kirael.com/photon/photon0310.html

ハーモニック・コンコーダンスのパワーが意識のシフトにどのような影響を与えるのかは不明ですが、「マトリックス・リボルーション」とシンクロしていて興味深いです。

映画のように我々がマトリックスの世界を現実化し、
そして自らがその世界を実体験するのかもしれません。



636. はじめまして freeman  2003/10/13 (月) 20:04
貴ページを楽しく読ませていただきました。私も超古代や予言やアセンションやフォトンベルト、スピリチュアルな事象に興味があり中学校以来30年程多数の本を読んできました。最近は体外脱出について興味がありモンロー氏の著作を読んでいます。今後もページ更新頑張って下さい。



635. 「神との対話」を読んでから・・・ ムーみん族  2003/10/13 (月) 08:46
 はじめまして。独学ですが、ずっと以前からアカシックレコードの勉強をしています。このサイトは昨日知ったのですが、自分の琴線に触れた思いがしました。
 時々無いものが見えたり、誰にも聞こえない声を聞いて助けられたことがずいぶんありますが、3年ほど前に「神との対話」シリーズを読んでからというもの、自分でも説明のつかないことが起こり続けています。特定のある場所でほろ酔い気味になると、いつの間にか未来の出来事を語り始め、その場にいた人達に気味悪がられ、“勝手に作り話やウソを言うな!”と軽蔑さえもされましたが、全部現実になりました。ニューヨークのテロや天皇陛下の病名とその時期、星野監督率いるチームの優勝、いろいろな社会現象など。自分でも何故すらすらとウソみたいな事を言うのか不思議でしたが、一言で言えば、新聞の記事が次々に浮かんでくるのを言ってるだけなのです。
 それは予言とかではなくて、誰でもが瞑想の中で全宇宙と心を一つにしていくと拓けて行く、眠っていた能力ではないかと考えますが、如何なものでしょうか?
 余談ですが、7月のある日に何かに突き動かされたようにメル友を探したのですが、ぴったりと焦点が合う人にめぐり会えました。メール上でしか話せませんが、とても貴重な出会いを教えてくれた偉大な宇宙の力に敬服しています。
 これから、またこの掲示板にお邪魔させてください。



634. 自由意志と宿命 管理人  2003/10/09 (木) 19:27
マヤの長老がECTVのインタビューで、2003年8月16日〜12月15日に大規模な自然災害(地震、噴火、火災、洪水)が起こると警告していました。場所は分かりませんが、モニターの必要はあるかもしれません。

このような自然災害で亡くなる時の、自由意志と宿命について『セスは語る』(P743)には興味深いことが述べられています。
http://www1.ocn.ne.jp/~seth/

「私たちは瞬間的に決断するのでしょうか。例えば、私は今日、ロサンゼルス大震災のことを考えていたのですが、実はそこで、ある男性が通りに出た途端、落ちてきたブロックに当たって亡くなったのです。ビルのなかには他にも大勢の人がいたはずなのに、一体何がこの男性をビルから通りに出るように仕向けたのでしょう。」

この男性には、あなたがたが無意識と呼ぶレベルにおいて、何が起きるかがわかっていたのです。死ぬことが彼の宿命であったわけではありません。彼は、あなたがたの言葉での「時間」や方法、そして彼なりの理由をみずから選択していたのです。

「誰が選択したかにかかわらず、この男性が死ぬことは決まっていたわけですね。」

前もって決まっていたわけではありません。あくまで彼が選択したのであって、他の誰かが彼に代わって選択したのではないのです。

「ですが、彼はその決断をそれ以前に下していたのでは。」
何の以前にでしょう。
「殺される以前にです。」

その男性にはすでに別の活動領域に赴く準備ができていたことがわかります。そうするための方法を、彼は無意識のレベルにおいて探し、即座に得られるものを選びました。この男性については、亡くなる三日前にその計画を立てています。そこに宿命なるものの関与はありません。

樹木の枝が落ちたからといって、それがいつどのように落ちるかが前もって決められていたということにはならないでしょう。自由意志と宿命との間には大きな違いがあります。・・・
http://www.sekise.co.jp/isis/isianreport/rep-ysno/

この宇宙ではいかなる場合でも、自由意志は尊重されているみたいです。



633. EPIOシナジーと多次元思考 管理人  2003/10/01 (水) 21:13
最近、地震が多発しています。
EPIOの公開が、集合意識に影響を与え、ある種の相乗効果(synergy)を引き起こし、マグマや地震活動を活発化、または分散させているのかは謎です。

地震サイトでは巨大地震にたいする不安や危惧する意見も増えていますが、アセンション的な多次元思考では別な見方も可能です。

「アミ小さな宇宙人」の作者エンリケ・バリオスの最近の本「まほう色の瞳」には次のように述べられています。
http://www.ebarrios.com/

「歴史を作る? 人は自分の歴史を作るものだと言っているの?」
「そして、自分の死も作り出すわ」
「死んだ人はみなその運命を『選んだ』と言いたいのかい?」
「当然よ。わたしたちはみな、神が与える選択の自由の中でどんな結果が得られるかを、想像力を働かせることによって経験している。すべての人は、自分の運命については詳細まで、自分自身で選択しているの」

我々が自らの現実を創造しているのですから、当然、最後の瞬間までそれは続くはずです。すると、災害などの突然死で亡くなる場合も、本人の選択の結果と考えることは可能です。

このことは潜在意識レベルで、人間の本質は理解していますが、日常意識(顕在意識レベル)では生活に追われていて、ほとんど無視され、夢やひらめきなどでメッセージが送られてきても本人は気づかないことがほとんどです。

アカシック・リーディングやリモート・ビューイングはそれらの情報(潜在意識レベル)にアクセスしてモニターするためのテクニックにすぎません。

「多くのことを知っていたら幸せだろうと考えて、たくさんの人が知識を得ようとするけど、それはちがうわ。ただの情報では幸福にはなれないわ」〜「まほう色の瞳」

それには知識を実際に応用する力が必要だと本には述べられていますが・・・

アカシック情報や地震情報も実際に応用する力が必要ということでしょうか?

私は、自分の信じていることに基づいて、自分の経験を創り出す〜「意図的に生きる」ハリー・パルマー




632. EPIOと人間の集合意識 管理人  2003/09/20 (土) 13:21
今月16、17日前後に南関東で大きな地震があると発表した八ヶ岳南麓天文台の串田さんの予測は多方面で波紋を広げました。(20日に発生)波動研究家の江本勝氏がこの予測について興味深いコメントをしています。

このような予知情報が、まことしやかに流れることは、それが科学的根拠があればあるほど、つまり一般の人が"成る程"と納得する根拠があればあるほど、良い結果をもたらすものと僕は考えています。
http://www.hado.com/emoto/jishin.htm

これを裏づけるのかは不明ですが、18、19に伊豆沖でM4クラスの地震が発生しています。
http://neic.usgs.gov/neis/bulletin/neic_ywal.html
http://neic.usgs.gov/neis/bulletin/neic_yxag.html
そして、20日には関東で地震がありました。

地震予報が発表されて、多くの人々の集合意識がシフトしたために本来一つのエネルギーで起こる大地震が分散され、時間と空間にズレが生じて3ヶ所の発生になったのかは謎です。

集合意識はある種の巨大なエネルギー存在であり、地震も地球の巨大エネルギーによって引き起こされます。アカシック情報の予言と似て両者には何らかの密接な関係があることは事実だと思われます。

これからも、巨大地震がおこる可能性はあり、研究機関や大学、民間のいろいろなモニター・チェックは必要になると考えています。

アカシック情報も一種のモニター・チェックですが、情報源が多次元であり、時間も存在せず、リーダー(観察者の能力)によってバラツキが生じることが難点です。

アカシックモニター・チェッカ−の一人、ゲリーが10月末に来日しますが、東京4日間ワーク「アカシックレコード・リーディング養成講座」と個人セッションのみですね。参加した方のリポートをお待ちしています。

ほかのアカシック・チェックとしてリモート・ビューイングもあります。いろいろなモニターで地震をチェックするのも面白いと思います。
http://www.aa.alpha-net.ne.jp/skidmore/SRV%20site.htm



629. はじめまして! Avi  2003/09/12 (金) 22:43
いつも覗かせていただいてるばかりですが、初めて書き込みさせて頂きます。Aviです。よろしく!

ゲリーがまた来日しますね! 先回会った時の内容はすごく良かったです。今回も・・・と考えてますが・・・

最近立ち上がったサイトで、Avalonという石のウエブショップがあって、そこのコラムで、時々、ゲリーらしき人が登場します。

そのサイトもアカシックからの情報を記述してるようですが、なかなか興味深いです。とくにレオナルド・ダビンチらしきひとの話はおもしろいです。参考までに!
http://homepage3.nifty.com/Avalon/framepage5.htm



628. 地球の定員は5億人? 管理人  2003/09/09 (火) 18:20
Earth Changes TVにジョージア・ガイドストーン-Georgia Guidestonesが載っています。
http://www.earthchangestv.com/index.htm
http://www.radioliberty.com/stones.htm

ゲリーも過去のセミナーで、このガイドストーンについて言及していました。このガイドストーンがあるElbarton(エルバートン)市はアトランタから東に160Kmで、アメリカで一番の花こう岩の生産地です。その約7マイル北に 記念碑はあり、人類および地球を存続させるための10のガイド、というか戒律が8つの言語で刻まれ、アメリカのストーンヘンジとも呼ばれています。

1979年6月に、見知らぬ人がElberton の会社のオフィスを訪れて、人類にメッセージを送るための記念碑を建てたいと提案しました。その記念碑(ガイドストーン)は上から見るとXの形をした直立した花崗岩で作られ、4つの大きな一枚岩は重さが21トンで総計は約119トンにもなり、高さも19フィートというから約6mぐらいになります。中心の石及びキャップストーンにはスリットや穴があり、太陽、月及び星の天体観測ができるように設計されています。また、このガイドストーンは地球のエネルギーのパワーポイント上に建てられているらしいです。

R.C.クリスチャンと自らを名乗ったその人物は、彼の本名ではなく、実際に誰だったのか誰も知りません。彼は、人間性に方向を提示する1グループを代表し、「神を信頼する忠実なアメリカ人の小グループ」であると述べていましたが、多くの通信社による調査にもかかわらず、R.C.クリスチャンおよび彼のグループの正体は今日まで不明です。

メッセージは、
世界の人口の縮小、環境保護の促進、世界政府の樹立、新しい精神性の促進などについて述べています。
http://www.thegeorgiaguidestones.com/Message.htm

モーセの十戒ならぬ、ジョージアの十戒の第一は
地球の人口を5億にするように述べています。
現在の世界の人口は?
http://www.ipss.go.jp/Japanese/link/wpf2.html

64億を超えていると思われます。すると将来的に約60億近くが定員オーバーということになるのでしょうか?
それとも、アセンション後の地球の人口が5億人になるという予言メッセージなのでしょうか?



627. プレ・アセンションのリスクマネジメント 管理人  2003/09/02 (火) 06:56
8月31日のNHKで「首都激震」-直下型地震に対する都市の防災対策の現状を検証する番組が放映されました。

番組の中でドイツの保険会社が評価した、世界の自然災害リスクでは東京はニューヨークの17倍、シンガポールの200倍でした。この世界危険地図ではロサンゼルス、フィリピン、メキシコなども高いですが、東京は異常で、世界の各都市のなかではダントツでした。

このドイツの保険会社とは世界最大の再保険会社ミュンヘン再保険会社(Munich Reinsurance Company)のことです。
http://www.munichre.com/
2002年は東欧の洪水損害に515億円を支払ったり、2001年は9月11日のテロ事件で第3四半期の決算は1,412億円の赤字だったり最近は多発する災害で苦戦しているみたいです。

ミュンヘン再保険会社は世界のデータを収集して、災害の傾向を分析しています。

1990年代の災害による年平均被害額は約630億ドルで、70年代のそれのほぼ5倍にも上ったことになる。また、90年代には、年平均の
被害者数は約2億人にもなり、70年代の3倍近くになっている。災害自体の報告数も増えてはいるが、それ以上にこれらの数値はのびている。
http://www.jica.go.jp/jicapark/kokusai/0301/03.html

現在の我々も、プレ・アセンションに対するあらゆるデータを収集して、人類の意識進化と地球規模の災害や社会構造のシフトの分析の必要に迫られていることは確実であると思われます。




625. はじめまして ヒロシ  2003/09/01 (月) 13:02
最近プレアデスとのコンタクトで有名なマイヤーの著書読みましたが、
1995年当時、狂牛病の世界的な流行やら貿易センタービルの事件
やイラク戦争と思われる事件を予言してましたね。(イスラム原理主義が悲壮な役割を果たす、とかアメリカから全世界への侮蔑的な一撃等)

その予言によると、今後も人類のテクノロジーが飛躍的に進歩し、
惑星感旅行ができるような時代になっても、相変わらず戦争の危機や強力な殺人兵器の開発は続けられ、人類はたいして進歩しないという事実
に暗澹たる気持ちになりました。

そういう意味で、現実逃避的な希望がアセンションに込められている
ような気がしてきて、そんな一気に次元上昇して人類が進歩するなんて
虫のいい話はないような気もしてきました。

我々はもっと現実を直視すべきでは。



624. プレ・アセンション2005±2 管理人  2003/09/01 (月) 06:21
マヤの予言で有名な2013年(2012年の冬至)は世界中で注目されています。そのプレオリンピックともいえるプレ・アセンションは2005±2年になると思います。

東海地震も2005±2年(2003〜2007)に発生すると指摘する地震学者もいるように、これからの3〜4年は地球的規模で、地震、洪水などの自然災害、社会構造や国際情勢の変動のシフトが予想されます。2003年(関東大震災から80年)はその始まりの年にすぎません。

8月末にも、地震関係の掲示板に9月15日から末日までの間に神奈川県付近を中心に関東一帯で、M7.6±0.3程度の地震が発生するとの噂があったり、火星の接近も何か暗示的です。

個人的には地震はいつ起きてもおかしくはないと思っていますが、問題なのは人々があまりにも日時とか場所にとらわれて、多くの地震サイトは、地震予知や前兆現象情報であふれています。地震防災の本質とは地震が起きる日や場所を特定することではなく、地震への備えをすることではないでしょうか。

世界的な異常気象で、北極付近の氷も過去25年間で7.4%も減少しています。当然、南極(大陸ですのでこちらのほうが重大問題です)の氷も溶けているはずで、海水面の上昇も加速していく可能性もあります。

「イルカが人を癒す」(小原田泰久著)には世界的な陸地の海没について、イルカは次のようなメッセージを寄せています。
http://members.aol.com/irukanogakko/
http://www.padi-dolphin.com/
http://www.t3.rim.or.jp/~sea-tac/index.html

「どこが沈むとか沈まないとかは大した問題じゃない。自分の魂が磨かれているかくすんでいるかによって、沈む人と残る人に分けられる。魂のきれいな人は、どこに住んでいようと助かるし、汚れた人はどこへ逃げても助からない」

地震も、
「どこに住んでいようと助かる人は助かるし、
助からない人はどこへ逃げても助からない」
ということなのでしょうか?




621. イルカはオーラが見える? 管理人  2003/07/31 (木) 19:46
リサのインタビュー(スピリチュアルTV)の上に、ちょっと怪しげなカイラッシュ・ココペリーのコンサートがあります。
http://spiritual-tv.com/
http://www.kailash-kokopelli.com/
(Soundsamplesあり)

ディジュリドゥ、メディスンフルート、クリスタルボール、ドラムのコンサートも面白いですが、インタビューYでイルカについて興味深いことを述べています。

イルカはレントゲンのように人の体をスキャンすると述べています。イルカが人を癒すのは知っていましたが、その方法が謎でした。本を読むとイルカと一緒に泳いでいると、イルカがその口先で、人の体を突いたりして治療しています。彼らは実際にオーラというか、人体のエネルギーフィールドを見ることができ、その悪い所を刺激することで病気などを治していると思われます。

人のオーラを見て、その患部を治療するバーバラ・ブレナンのイルカ版です。イルカたちはすでにアセンションしているのかもしれません。こんなペットを飼うことができれば最高ですが、犬やネコにもこの能力はあるのかもしれません。
http://homepage2.nifty.com/mikurajima/

この前の、イラク戦争でアメリカ軍はペルシャ湾の機雷を除去するために、ハンドウイルカ利用しているというニュースがありました。しかし、映画「イルカの日」ではありませんが、イルカが喜んで協力しているのかどうかはわかりません。
http://home.att.ne.jp/blue/FKworkshop/east/key.html




620. 変動の時 NIMA  2003/07/31 (木) 10:32
こんにちは。今日は、ちょっとご紹介に来ました。
心理学などを学びヒーリングミュージックやワークを手掛けている知人がいるのですが、彼女もまた「8月には大きな変革がくる」と言っています。
やはり、そういう時期なんですね
彼女のページは、ここにあります。ご参考までに
http://a-paradise.m78.com/aim/



619. リサのアセンションへの道 管理人  2003/07/27 (日) 10:23
リサ・ロイヤルがインタビューで興味深いことを述べています。
http://spiritual-tv.com/

2003年は大きなシフトの年で、精神世界における、今後10年間の変化は、知性にアピールする情報から実際に体験する情報へのシフトが起こってくると述べています。

『アセンションの道しるべ』にも
http://www.din.or.jp/~n-delphi/neodelphi/books/top.htm

現代社会には、恐怖心、否定性、絶望感などを煽る情報が氾濫しています。そうした情報に接しても、すぐに鵜呑みにはせずに、「私は何を信じたいのか?」と自問して、直感の声に耳を傾けてから、結論を出してください。

「世界を裏で操る闇の組織が、人類を洗脳しようとしている」といった情報を信じている人々も大勢います。そうした情報を信じる人々は、自ら進んで被害者になろうとしているようなものです。あなたは信じた通りの状況を引き寄せます。あなたの現実は、あくまでも、あなたの選択の結果なのです。

「人は誰もがみんな、自分の現実を創っている」という事実は、心の奥深いレベルで理解してこそ意味があります。あなたは成熟に至る長い旅を通して、この真実への理解を深めていきます。

昨日の、宮城県北部の地震ではありませんが、アセンションというか、自分の現実を加速度的に体験し始めるのが2003年なのかもしれません。




618. こんにちは。 ボナンザ  2003/07/25 (金) 13:33
はじめまして。こんにちは。
「神との対話」の大ファンです。最近までクローン人間等
で世間を賑わした某団体に所属していました。
今はアセンションについて探究しています。
僕の内なる羅針盤がアセンションを意図しています。
アセンション情報楽しみにしてます。



617. はじめまして MIST [URL]  2003/07/15 (火) 22:17
615.で紹介をしていただいているページの管理人をしている者です。
この掲示板を通して、たくさんの方との出会いがあった事をとても感謝しています。ありがとうございます。

アセンションの詳細については、こちらで初めて知りました。
個人的にはWINGMAKER の光ディスクというのにとても興味を惹かれました。またじっくりお邪魔したいと思います。



616. はじめまして! みにい  2003/07/15 (火) 12:31
はじめてカキコします。アセンションについては6年位前からいろいろ
本を読ませてもらいました。管理人さんのような方はさておき一般のカキコしているみなさんの意見が生で見れておもしろいですね。
自分以外で身近にアセンションを知っている方がいないので、新鮮な気持ちでいます!私個人としてはアセンションについて正直「どちらでもよい」のです。実際おきようが嘘だろうが。恐怖もありません
もし本当にあるとすれば「すごいね〜ワクワクするよ!」と思うしもしなくてもそれはそれ、アセンションに向かうような心の持ち方は素敵だと思うからです。このまま死んでも「愛」で満ち足りていられたらいいじゃないですかね〜。愛って言ってもそれぞれ個人で感じ方が違うでしょうから表現するのも難しいのですが。
子供産んでからかなり不安と恐怖との戦いでしたが、最近なんだか少し変わってきました。
私は日々自己との戦いです。すべての出来事、出会いに感謝するよう努力していますが、できないんですね〜これが(笑)
やっぱり現実社会に生活していると難しいですね!
瞑想もします。精神手帳なるものも書きました(アダムスキー古いですか?でも私は結構スキです)みなさんのように知識も行動も伴った方々が羨ましい!私ももう少し頑張ってにようかな〜と思います。
なんだかズレてます?



615. アセンションの道しるべ 管理人  2003/07/12 (土) 11:54
アメリカのチャネラー、リサ・ロイヤルの新刊『アセンションの道しるべ』が発売されました。
http://www.din.or.jp/~n-delphi/neodelphi/books/top.htm#ascention
http://www.worldtrans.org/lyssa/
http://www.din.or.jp/~n-delphi/library/interview/lyssa/on%20channeling.htm

個人的には『[宇宙人]内なる訪問者』(徳間書店刊)が面白かったです。ETによる「アブダクション」(誘拐)の真相を興味深い視点から述べています。誘拐現象が起こるのは 人間の集合意識がその誘拐に「同意」しているからだと述べています。また、ゼータ・レチクル星人による遺伝子操作でも混血種は未だに失敗しているらしく、我々のクローン技術もまだまだ未熟であると痛感させられます。

今年の5〜6月にかけて太陽活動は活発でした。世界的にも異常気象でした。スイスでは、少なくとも過去250年で最も暑い6月だったし、アメリカでは、5月のトルネード数が562(41名死亡、過去最高は1992年6月の399)で、月間記録でした。インドやスリランカではモンスーン熱波や豪雨による被害も発生しています。

これが、フォトン・エネルギーの影響なのかはわかりません。これからもアセンションとフォトン・エネルギーの調査をしていきたいと思います。最近、頻発する少年犯罪にも影響しているのかは読者の判断にお任せします。

まず、2003年は、世界全体、とりわけ日本にとって、今現在誰もが予測出来ないほどの変革の始まりの年になると直感しています。

と述べている、下記のサイトも興味深いです。
http://a-paradise.m78.com/james/
HPで公開している「書下ろし小説」も面白いです。

これからも、社会的にも、世界的にも、「葛藤」が表面化し、「自分が自分の現実の創造者」であるという事実を、その思考が、より直接的な形で自らの体験に反映してくることによって理解させられるのかもしれません。



614. 訃報です。 匿名ですみません  2003/07/07 (月) 00:19
 ご存知の方も多いかと思いますが,APGの山田孝男氏が昨日7月5日に亡くなったそうです。
 去年の12月にお会いしたときはお元気だっただけにショックでした。これからこういったことが多くなるような気がします。
 この掲示板をご覧の方の中には山田孝男氏のアセンションに対する考えを目にされた方も多いと思います。
 もう一度お会いしたかったですね。
 



613. TheSeatOfTheSoul よしよし  2003/07/05 (土) 11:14
もう一人のゲリーさんこと、
ゲーリー・ズーカフさんの
「魂との対話」サンマーク出版刊は、大変参考になることと
思いマス。
量子物理学と深層心理学を突き詰めていくと、宇宙からメッセージを
受けられるようになっちゃった!という?話デス。
二ール・ドナルド・ウォルシュさんのような、爽やかさが
あります。
ぜひどこかで出会ってみてください。
英語がわかる人は、ズーカフさんのサイトの連絡先も
訳者のあとがきに載っています。
以上デス。






612. ゲリーのツアーに行ってきました 匿名ですみません  2003/07/03 (木) 00:45
悪名高いヴォイスが主催した、ゲリー・ボーネル氏のツアーに参加してきました。8日間ゲリーと朝から晩まで一緒でした。
ゲリーは非常に良い人でした。
ツアーには二度と参加しないでしょうが・・・・。
それだけですが、一応報告しておきます。



610. ニールさんの よしよし  2003/06/27 (金) 23:08
 「新しき啓示」サンマーク出版刊は、参考になるかと思います。信念体系をいかに拡大するか?にかかっている、という話に賛成します!ゲリーさんが五月にVOICEの招待で来日したときにも、同じような思いがあることを感じました。以上です。



609. 予定日を過ぎて kazu  2003/06/27 (金) 21:58
地球は今のところ何とかなっているようだけど、(planetXの影響下にありながらも)滑り出さないのは何か別の力が働いているのでしょうか。
 確かに晴れた日の日差しの強さは6月とは思えない。太陽+Xの
光かな?



608. ゼロポイント - Spiritual Matrixの世界 管理人  2003/06/26 (木) 19:40
アセンションについてはいろいろな説や意見、そして批判もあります。これからも、それらの情報(多次元的思考)やサイトを紹介していきたいと思っています。

スターピープル-9号にゼロポイントが特集されていました。ゼロポイントについてはよく分からないというのが実感です。グレッグ・ブレイドンの本も出るらしいです。
http://www.greggbraden.net/
http://homepage2.nifty.com/silverring/maatdrunvaloaug1biosbraden.htm

ブレイドンが述べているように、

未来の可能性は、実際には、現在における我々の集合的選択によって決定される!共通した選択を分かち合うことで、大勢の個人が自らの影響力を増幅させ、その結果を加速するのです。

これがゼロポイントの目覚めかもしれません。

人々がアセンションを選択した時、地球上にそれは表面化するでしょう。( Spiritual Matrixの現実化)

宇宙には別の宇宙があり,自分とそっくりな同じ人間がそこにも生きている並行宇宙(Spiritual Matrixの世界?)を、日経サイエンス-8月号が特集しています。
http://www.nikkei-bookdirect.com/science/new.html

太陽活動は今ごろは静かになるはずなのですが、いまだに活発です。大きな太陽爆発が6月にもありました。
http://www.sec.noaa.gov/SolarCycle/
http://www.cyberspaceorbit.com/indexback85.html

S・ナイドルも太陽を駆動するパワーによって、金星での火山活動噴出物の上昇、火星上での砂嵐発生率の増加、および木星大気上層の異常な渦などが引き起こされていると述べています。
http://homepage2.nifty.com/silverring/shardan80.htm
(6月 3日)
http://homepage2.nifty.com/silverring/index.htm

2003年は、1月4日、太陽から最も近くなり(近日点)、7月4日、最も遠く(遠日点)になりますが最近の地震も気になります。地震については、大学教授や地震学者より、ネズミ君のほうが専門家とは知りませんでした。
http://aa.usno.navy.mil/data/docs/EarthSeasons.html
(時刻は世界時なのでプラス9時間で日本時になります)
http://www.asahi.com/science/update/0625/003.html

アセンションも意外とシンプルなもので、我々がどのような選択をしようと、(肯定、否定を含め)その選択が、肯定のアセンション、否定のアセンションを自らが選択したように体験するだけのことかもしれません。

まあ、
それをどう楽しむのかは、あなたの自由です。




 

 
自然いっぱいの素材集
自然いっぱいの素材集