宇宙に存在する意識のネットワ−クであり、
人類の集合意識そのものです。


仏教ではこれを「無量寿光」といい、
プラトンのアニマ・ムンディ(宇宙魂)、
または、アニムス・ムンディ(animus mundi)、
ユングの集合的無意識がこれに相当します。


ウパニシャッド哲学では
「私はそれであり、あなたはそれであり、
万物はそれである」と表現され、
イエスは
「わたしと父とは1つである」と述べています。
(ヨハネによる福音書-10章30節)


それは巨大なコンピュ−タに
たとえられます。
その端末が私たち一人一人であり、
今これを読んでいるあなたも、その一人です。
インタ−ネットと同じように誰でも
アクセスは可能です。


過去、2億6000万年前から、
これから2万6000年までの
すべての情報がつまっている、
記録の殿堂です。
そこには、万物の生命の記録があります。


詳細は参考文献を参照してください。

ケイシ−のリ−ディングの中ではこの記録は
「アカシックの記録」「生命の書」「神の記憶帳」
「魂の記憶」と呼ばれています。
そして、ケイシ−はアカシックレコ−ドについて
次ぎのように述べています。


この記録は、各人の生命的実体が忍耐をもって
時間と空間の中に書き記したものである。
やがて自己が永遠なる存在と同調一致
できたときに開かれるのである。
そしてこの記録は、このような意識に同調一致
した人達によっても読みとられるだろう。


彼はさらにつけ加えて、なぜなら、
光りは時間と空間の中を動いているからであり、
時間と空間の制約の中で各人の魂によって
その行動が記録されるのである。
それは生命的実体により、その意識により、
その行為だけでなく思想や観念の
すべてが記録される。


その記録には、
輪廻転生の旅を通し、体験を通し、行為を通し
自己の向上発展のために生命的実体が
築き上げたすべての領域が含まれるのだ。


従って、アカシックレコ−ドにより
未来を知ることは可能である。
なぜなら、すべての時間は一つであり、
過去、現在、未来は一体であるからだと
ケイシ−は述べています。


これらの記録の存在は、神秘の力、
またはエ−テルの力、またはアカシックの力に
よるものであり、これらは時間の乗物や
時間の翼に乗って行くものである。
あるいはどのような次元においても、
私達はこれらの記録の存在を運動量や
運動の事象として表せるだろう。


アカシックの記録は宇宙創造の時より
始まっているとケイシ−は語っています。


創造の時より、
人間の魂は肉体を持っていなくとも、
これらの神の力を意識する機会が
与えられていた。


時間と空間が始まった時に各生命体、魂は、
環境がどのようなものであったにせよ、
創造的力である神との関係を悟ったことの
実証を、自ら行なうよう動機づけられた
のであった。


このようにして、
生命的実体が何をし何をしようとしているかには
関係なく、これまで行なってきた事実の記録が
それ自体の内部に時間と空間の制約の中で
存在しているのである。


いつの日にかこのような記録が受信できる
機械的方法が発見されるだろうと
ケイシ−は語っています。

優秀なアカシックリ−ダ−であった、
アロン・アブラハムセンはアカシックレコ−ドへの
アクセスを次のように述べています。


安楽椅子に座り、瞑想に入るや否や、
自分の魂が肉体から離れ、部屋の天井に上がり、
椅子に座っている自分の身体が見えた。
それから、自宅の屋根の上に魂が上り、
空中を上昇し始めた。


そのうちに狭い道に入り、そこを通り抜けて行くと、
大きな東洋風のお寺の前に出た。
直感でそれが永遠の記録庫、
アカシックレコ−ドである事が彼には分かった。


入り口の階段に足をかけた時、2人の指導霊が、
「あなたを待っていました」と、出迎えた。
彼が依頼された質問を告げると、
大きな図書館に連れていかれた。


両側に大きな本棚がびっしりと並び、
あらゆる色の美しい皮装本がつまっていた。
指導霊はそこから2、3冊の本を取り出し、
部屋中央の大きな机の上で
必要ペ−ジを探し出して彼に指し示した。
彼がそこを見ると、非常に美しい手書き文字で、
文章が書いてあった。


彼はそれを読み、再びもとの道をたどって
空中より自宅の屋根の上に帰って来た。
部屋に入ると、自分の身体がそのままにあったので、
再び入って、今、読んできた内容をその通りに話した。


自分では長いように感じたが、
この世の時間ではほんの2、3分しか
たっていなかった。





足立さんは「波動の法則」で、
宇宙の情報層について次のように述べています。



宇宙の情報源(EHKOのEXA PIECO)=
宇宙の情報層(JEFISIFUM)
 アーンプ帯層(AHANP) EHKO(宇宙意識)そのものの層
 ケーシー帯層(KECI) 42億光年
 アストラル帯層(ASTLAL) 42億光年
4 コアード帯層(CHOAD) 32億光年
 コーザル帯層(COSAL) 16億光年
 メンタル帯層(MENTAR) 12億光年
 エーテル帯層(EHTEL) 8億光年
 シン帯層(HCIN) 8億光年
ギノー帯層(GINO) 地上100Kmおよび200Kmにある
2つの情報層
スウェーデンボルグ、霊能者、
多くのチャネラー


宇宙意識の情報を、普通、アカシックレコードと呼んでいるが、
それよりレベルの低い各層の情報層もアカシックレコードと呼ぶ場合が多い。


エドガー・ケイシー、日蓮、空海、荘子、孔子が8-シン帯層だけと同調し、キリストは7-エーテル帯層まで、仏陀は5-コーザル帯層までと同調可能だったと述べられています。

スウェーデンボルグのようなボディに身近な情報はギノーという地球から非常に近い地上100Kmおよび200Kmくらいにあるその星用の情報およびエネルギー層と同調していたそうです。

また現在のあらゆる情報を得ている方の95%以上はこのギノーから情報を得ているということです。

つまり情報の精度(正確さ)は、どの層の振動波と同調して得たかによっては、同じ問題でも、答えや解決の仕方、対応の方法が異なってきますし、

同じ層でも、本人が安定して調和のとれた高い周波数で同調し続けて、いかに自我の振動波を発信せず、願望や推理、推測を入れないで受振できるかにかかっているようです。

時空間の構造は、重心の1−(EHKO)のアーンプ(AHANP)帯と一番外側のシン(HCIN)帯とがつながっています。

即ち、シン(HCIN)帯の先の空間層は、アーンプ(AHANP)帯だという情報ですから、宇宙の詳細はクラインのビンを組み合わせたような、大変魅力的な超立体的時空間のようです。