Sorry, your browser doesn't support Java(tm).


ゲリ−は「光の12日間」以外にも、
これから起こるであろうイベント(出来事)についても
語っています。
INTELLIGENCEでは、それらに関する情報に
ついて紹介していきたいと思います。
私としては、読者自身がアカシックレコ−ドに
実際にアクセスして、それらの情報を、
自ら検証してくれる事を希望しています。


情報、それ自体は、ただの記録にすぎません。
アカシックレコ−ドも例外ではないと思います。
例えば、情報を食べ物にたとえてみましょう。
我々は、食べ物を摂取して始めて栄養として、
身体に取り込むことができます。
情報もまったく同じであると思います。
情報を、調査、分析、理解、咀嚼して、はじめて
その人の精神的栄養となると思います。
INFORMATIONからINTELLIGENCEに
変容して頂きたいのです。
一言でいえば
「物質的知から精神的知への変容」と
言い換える事が出来ると思います。


「神との友情」から含蓄のある言葉を一言。

霊性はすべてが生命の一部であると語る。
・・・・・
生命と神とは同じものか、ということだ。
いいかね、2つは同じものだよ。

・・・・・
最初の原因は、生命そのもの、
物質的なかたちで表現された生命だ。
それはかたちをとった(in formation)生命だ。
・・・・・
生命という言葉と神という言葉は、
入れ替えることができる。
あなたがたが見ているプロセスが、
生命がかたちをとる(in formation)プロセスなら、
わたしが前に言ったとおり、
あなたがたはかたちをとった(in formation)神だ。
つまり、
あなたがたは神の情報(information)だよ。


今、これを読んでいる、
あなたのインテリジェンスに期待しています。


日本の太平洋岸を巨大津波が襲うという
情報があります。


この情報については、エドガ−・ケイシ−の
「日本沈没」の予言や広瀬謙次郎の予言とも
関係があると思います。


広瀬謙次郎著
「ヤマト超文明の秘密」日本文芸社刊


この本のP159には、日本の浸水地域が
具体的に記述されています。
携帯電話の通話可能地域と不思議に一致
しているのが興味深いです。
(この通話可能地域は、私の調査では高所でも
標高200m前後の地域です。
ゲリ−は標高600m以上への避難を
勧めています。)


参考に関東地域のランドサット写真のサイトを
紹介したいと思います。
地肌が灰色の地域が標高200m前後の地域です。
サイトは下記のURLです。


http://www.landweb.jp/

広瀬謙次郎著
「ム−大陸の大浮上」日本文芸社刊
こちらにも世界の浸水地域が記述されて
います。
ケイシ−の予言にかなり近いと思います。


私が注目しているのは、一般の人々のなかでも
このビジョンを夢のなかで体験している人が
徐々に増えていると言う事実です。
私は、潜在意識がアカシックレコ−ドに
アクセスしていてその情報を顕在意識に
伝えていると解釈しています。


この様な情報に接すると、一般にパニックに
陥りやすいと思います。
その為にも「我々はどこから来て、そして、何処へ
行こうとしているのか」を理解する事が
肝要であると思います。
それには、人類の意識の進化というものを
理解する必要があると思います。


ゲリ−もシリアスなイベントについて語っています。
意識の進化の観点からこれらのイベントを
俯瞰した時、新たなる視点というものが
生まれてくると思います。
この様な情報をいかに精神的知に変容できるかが
我々、一人一人に問われていると思います。


ゲリ−は1999年の6月か7月あたり、
7月16、17日頃と解釈していますが
マレ−シア付近の海に隕石が衝突すると
述べています。
(次のセミナ−では、11月頃と言っています。)
ゲリ−もアカシックレコ−ドでの日時の特定は
難しいと述べています。
それを「宇宙は時と遊びます」と表現しています。
注目すべき点は、日本海没のサイトと1年ずれて
日時が一致している事です。


広瀬謙次郎は1999年に巨大津波が
来ると予言しています。
勿論、巨大津波の原因が隕石だとは、特定
出来ませんが、それにより海に面している
地域は、それなりに被害を受けることは確実だと
思われます。


東京は海に面していないので安全だとゲリ−は
述べています。
しかし、7マイル(12Km)くらい内陸への避難を
勧めています。
海面の上昇は、隕石落下以後も、徐々に
起こると述べています。


その原因として温室効果が考えられます。
大気の99パ−セントは窒素(78%)と
酸素(21%)で占められています。
残りの1%にアルゴン(0.9%)そして
二酸化炭素(0.03%)が含まれます。
わずかに水素、オゾン、メタン、ネオン、クリプトン
キセノンが含まれます。


しかし、その炭酸ガス(二酸化炭素)が
現在、どんどん増えて、温室効果という
気候変動を起こしています。


地球の気温が2度上がると、世界のほとんどの
都市が水没してしまうともいわれています。
北極と南極の氷が溶け始めるからです。


ゲリ−は97・12・3セミナ−では、
隕石と気候の変化について、
より詳細に語っています。
かなりシリアスな内容です。


次に、TRV(ト−タル・リモ−ト・ヴュ−イング)に
ついて言及したいと思います。