私がTRVに注目するのは、その情報が
アカシックレコ−ドの情報と酷似しているからです。
まず、RV(リモ−ト・ヴュ−イング)について、
簡単に述べたいと思います。


RVを日本語にすると「遠隔視」とか「透視」という
言葉が適当かと思います。
RVを駆使すれば、現在、過去、未来における
出来事や、特定の人物に関する情報を得る事が
出来ます。


つまり、幽体離脱能力に恵まれたものが
肉体から離れ、ある特定の地域へと飛んで
対象を観察し、肉体に戻った後に
見たものについて報告することです。


リモ−ト・ヴュ−イングという言葉自体は、
アメリカ軍部が打ち出したまったく新しい形態の
諜報活動を指して使われる事が多いです。




次に「コズミック・ヴォエ−ジ」(徳間書店)を
紹介したいと思います。


著者のコ−トニ−・ブラウンはRVを発展させ、
SRV(Scientific RV)−科学的遠隔透視という
RVの可能性を探求しています。


SRVについて、自らのHPで公開しています。

URL:http://www.farsight.org/


そもそも、RVを空間と時間をこえて、遠距離
からの情報を正確に知覚する能力と述べています。
つまり、アカシックレコ−ドにアクセスして情報を
得る事と、共通していると思います。


本の中でも、第3章「ア−カシャを通る旅」として、
言及しています。


「物質的・非物質的生命の両方を含むスペ−スに
相当する幅広い単語は、サンスクリット語の
ア−カシャである。
我々はすべてア−カシャに存在し、我々の旅の
すべては、宇宙船で行うとか、我々自身の高度に
磨かれた意識を利用するかどうかに関係なく、
ア−カシャで起こるのである。」
と述べています。


アカシックレコ−ドはRVを包含すると言えると
思います。


RVのタ−ゲットとしてイエスをモニタ−した
セッションの記録は興味深いです。
本の中では、イエスからの情報として


「一時的に先に進めないでいる他人を助ける
ことなく、前進できる人はいない。
それが進化の法則であり、その反対が
自分本位と強欲である。」と述べています。


また、銀河系連邦という地球外生命の
組織について述べていますが、
これがシェルドン・ナイドルの銀河連盟と
関係があるような感じもします。


アダムとイブをタ−ゲットにしたセッションの
章で「ザ・ウランティア・ブック」が出てきます。
この本については、次章で言及したいと思います。


ロズウェル事件をタ−ゲットにしたセッション
では、実際にETの宇宙船の事故の様子を
述べているのが興味深いです。


ブラウン博士は、UFO、グレイ、火星に関して
セッションをして、それらについても、独自の説を
展開しています。
詳細は直接、原本を参照して下さい。


博士のレベルの透視者になるには、
数年の訓練と、かなりの研究が必要になると
思われます。
それは次の言葉からも容易に推察されます。


「火薬の調合法を記述する百科辞典の
1ペ−ジのように、訓練プログラムの記述を
考えていただきたい。
だれもがこの調合法を習得することができるが、
適切な監視がなければ、つねに何人かは自宅の
地下室で火薬を混ぜようとして、不注意にも自分の
頭を吹き飛ばしてしまうのである。・・・・・」


リモ−トビュ−イングを初めて商業化した民間会社
サイテク社を紹介しておきます。


URL:http://www.trv-psitech.com/

クライアント・リストに公的研究機関、医療機関
複数の国の政府機関、そして国連までが
名を連ねているのが興味深いです。


次に、TRVについて紹介したいと思います。

詳細は、下記のサイトを参照して下さい。

URL:
http://www.rainbowjaguars.com/homepage-j.htm

Wayback Machine >>>

人類の意識進化の観点からRVを捉えて、
新たにTRVとして探求しているのが、
素晴らしいと思います。


次に、既に述べた「ザ・ウランティア・ブック」
について言及したいと思います。