Sorry, your browser doesn't support Java(tm).

映画「ディ−プ・インパクト」を観て、
ゲリ−の「ディ−プ・インパクト情報」について
もっと徹底した調査の必要性を感じました。


そして、一人でも多くの人々に、
「光の12年間」を体験してもらいたいと思います。


それは人類の意識進化の観点から見ても、
最大で最高のイヴェントであると
思われるからです。


そして、このコ−ナ−を開設しました。

映画では彗星は2Kmクラスでした。
ゲリ−は隕石の大きさについては具体的には、
言及はしていません。家ぐらいの大きさとか
述べていますが、はっきりしません。



読者の中でアカシックレコ−ドにアクセスして、
これに関して情報をお持ちの方は、
どんなことでもかまいませんので、
情報の提供をメ−ルでお願いします。


7月16日(1998年)の津波の予言は完全に外れました。
しかし、日本の防災計画の盲点というか死角は、
津波に対する備えが脆弱なことだと思います。
あまりにも、直下型地震に防災計画は
偏向していると思われます。
それに対し、警鐘を鳴らしただけでも、
意味があったと思っています。


日本の人口の大部分は、海抜100m以下の
平地に居住しています。
パプア・ニュ−ギニヤのような津波が発生すれば、
大惨事になると思います。
将来的に起こる可能性は否定できません。



ゲリ−はセミナ-で、今年(1998年)の暮れ頃には、
衝突する隕石が観測され落下地点も
確定されるとセミナーで述べています。


NASAはすでに発見しているかもしれません。
しかし、発表はされないと思います。


NASAがこれだけの重要な発見を我々に
知らせない理由は、
1958年にスペ−スアクト(宇宙法)が制定され、
そこには


宇宙開発におけるデ−タや写真などの情報は、
もしそれが、一般社会や市民にとって脅威と
なるようなものの場合、一般大衆には知らせない。


とはっきり書かれているそうです。

NASAがペンタゴンの下部組織に属し、
宇宙情報の徹底した管理下に置かれている
現状では当然かもしれません。


地球に衝突する可能性のある小惑星、彗星を
観測する機関として、


1996年3月に国際スペ−スガ−ド財団が
イタリアのロ−マで設立されました。


日本スペ−スガ−ド協会も、1996年10月に、
発足しました。


詳細は下記のサイトを参照して下さい。

日本スペースガード協会

その他の流星の観測、解析の研究や
流星群の研究サイトは下記のURLを参照して下さい。


http://www.nms.gr.jp/
http://www.nms.gr.jp/nmslink.html
日本火球ネットワーク (JN)

現在までに、ディ−プ・インパクトについて
寄せられた情報は1件です。


提供者は、ゲリ−のセミナ−に参加し、そして
アカシックレコ−ドにアクセスが可能になったと
述べています。


隕石の落下地点が、プエルトリコの北東100Kmと
述べています。
ニュ−ヨ−ク、フロリダ、アトランタが危険地域で
あると述べています。
その結果として、
新しいメキシコ湾が出来るほどだと述べています。
かなりな被害が予想されます。


ゲリ−はその後のセミナ−で隕石の落下地点を
ミクロネシアと変更しています。
隕石の衝突により、インドに地震が起き、
被害が予想され、フィリピンも影響を受けると
述べています。


私の当初の考えでは、数人のアカシックレコ−ドの
リ−ダ−の結果を分析すれば、隕石の落下地点を
容易に特定できると思っていました。
しかし、予想に反しバラツキがあるような
気がします。


また、人類の意識進化を理解したときに、
これらの情報についての理解も完全なものに
なると思います。


ディ−プ・インパクトと多少関係すると思われる、
アセンションについての情報を
紹介したいと思います。


宇宙からのメッセ−ジを伝える宮川沙亜子さんが、
次のように述べています。


「古いカルマのシンボルとして、ピラミッドが
現されていました。
終わりのしるしとしてのピラミッドが変わるとき、
新しい大地を生む原動力として世を動かします。
それは古き世の終わりの大浄化を始める
地としての第一歩をしるすことになるでしょう。


恐れることはありません。
大浄化が始まることは、宇宙の喜びが、
そのまま大地に根づく第一歩ということなのです。
・・・・・
つまり、ピラミッドの儀式を境に、
分離から調和の流れ、破壊から愛への変更が
なされたのです。


世紀末の恐怖の予言や地球の大変動、
ポ−ルシフトが起きる前に宇宙船が救いに来る、
といった情報は、地球と人類の意識が
開かれなかった場合に起こるというシナリオ・・・・。


そのシナリオが書き換えられたのです。」

詳細はアネモネ10月号P29を参照してください。

アカシック情報のバラツキの原因を調査中に
興味深い本を見つけました。


「宇宙意識の扉」 松尾みどり対談吉田信啓
中央ア−ト出版社刊


本の内容は対談形式で、ニュ−エイジ的な話題を
扱っています。


環境ホルモンによる精子の減少は、化学物質が
その主な原因とは考えず、性エネルギ−との
関連で述べられています。


また、人間の背骨はその人のアカシックレコ−ドで
あると述べているのが興味深いです。


三種の神器(勾玉・鏡・剣)の意味と、
アメリカによる戦後の占領政策としての神剣の
接収によりもたらされた、日本民族の自由意志と
行動力の制限などが述べられています。


そして、エピロ−グの下記の文が、
アカシック情報のバラツキの原因を適切に
述べていると思います。


「そもそも予言というのは、私が思うところでは、
予言というものが当たってしまっては予言者は
失業してしまうでしょう。
つまり予言者としての仕事が成就されなかった
ことになってしまいます。


予言というものは、必ずあることが起きる前に
警告が発せられるわけですけれども、
それは予言がなされた時点の波動、
つまりその時の世の中の人々の心の中の
波動を読んだ形になると思います。
・・・・・
人はそれぞれ、その人なりの意識の方向性が
あります。物の考え方、生活の仕方、その他
いろんなものの方向性があります。
そのエネルギ−を延長したその先にスクリ−ンが
あったとします。
するとその時の波動エネルギ−が投射されて
映し出された時、アストラル体では、まるで蜃気楼
のように確かに見えたり分かったりするわけです。


しかしその人が途中で生き方を変えたり、
考え方を変えたりしますと、その人の波動が
変わることになりますので、もう波動が変わった
時点から、最初に見えたその映像は見えなく
なるわけです。」


ゲリ−はそのアカシック情報を、セミナ−の
聴衆や対面した人のアカシックレコ−ドを読み
得ていると述べていました。


ディ−プ・インパクトの情報がセミナ−のたびに
変化するのは以上述べてきたような原因に
起因すると思われます。


本の中では宇宙のアカシックについても言及を
しています。


「地球も我々人間と同じ生命体なのです。
つまり地球には地球それ自体の意識があって、
その地球意識も既に宇宙のアカシック
(インドの古語で「宇宙創成からの記録」の意味)
には記録されています。」


多分、「ウランティア・ブック」や足立氏の著書
「真 地球の歴史」も、この宇宙のアカシック
からの情報だと思われます。


特に興味深い記述は下記の文章です。

「ところが地球の意識だけではなく、
人間も植物も動物も鉱物もありとあらゆるものが
地球と運命共同体であり、
生命体として繋がっています。」


まさに私が予想する
アカシックネットワ−クの存在を予感させる
言葉だと思われます。


現在のインタ−ネットは人間による、
人間のためのネットワ−クであると言えると
思います。
そして、日進月歩で進化しているネットワ−ク
のように表面上は見えますが、
結局それは閉ざされたネットワ−クに過ぎないと
断言できると思います。


つまりアクセスしているのは人間だけの閉鎖的な
ネットワ−クです。
これは現代の科学技術にも共通する問題点で
あると思います。


アカシックネットワ−クはすべての生命が参加する
ネットワ−クです。


大空を悠然と舞うワシの意識や、大海原を行く
クジラの意識を共有できるネットワ−クであると
思います。


ミクロ的にはアメ−バから、マクロ的には
絶滅した恐竜の生命の躍動にアクセスして
その情報を得ることが可能だと思います。


アカシックレコ−ドというより、
アカシックネットワ−クという表現のほうが、
その本質を見事に表現していると思います。


最後に予言について本の結論として、下記の
言葉を紹介しておきます。


「人類の意識のあり方、存在の仕方が地球に
影響を与えていると聞いていますので、
絶対的な予言というのは存在しないことに
なります。
そしてマスタ−でさえ予言できないのです。」


雑誌「ム-」の1月号(99年)に、ゲリ-のアカシック情報に
ついての記事が掲載されています。


内容の大半は既に、テ−プなどで公開されている
情報です。


しかし、隕石衝突を回避するための、
日本人の役割についての記述は興味深いです。



日本人の特別な役割(P151)

「冒頭でも述べたとおり、1999年から翌年の
5月ごろ、隕石の衝突という地球規模の悲惨な
出来事が起こるだろう。
・・・・・
日本は、隕石衝突により、
津波および大陸プレ−トがシフトすることにより、
大きな被害を受けることになる。
特に太平洋に面している地域は、被害が大きい。
しかし、この隕石衝突の危機は避けることが
可能なのだ。
そのために、日本人には特別な役割が
あるとされている。


実は、アカシックレコ−ドには、
「日本人の集合意識」の働きにより、
かなり高い確率で、隕石のコ−スをそらせる
ことが可能であると記されているのだ。
日本人のもつ「純真無垢な集合意識」により、
文字どおり「世界を救う」というチャンスが
与えられているのだ。


では、
具体的にどのような方法をとればよいのか?


それは、日本の人々が協力し、隕石のコ−スを
そらせるという結果に焦点をを絞り、
地球のエ−テル体を強化するための
計画化された瞑想を行うことで可能になる。


日本国内で自然に発生した小さなグル−プが、
1999年の半ばから次第に協力しあうようになり、
最終的には、地球規模でこの運動が
広がっていくのだ。」



2000年前、イエスはユダヤの集合意識を利用して
人類の意識進化の方向性を変えようとしたと
思います。


次に、このユダヤ民族と日本民族についての
興味深い文献を紹介したいと思います。