インタ−ネットは確かに多量の知識と情報を
我々にもたらしてくれます。


携帯電話、メール、ブログ、SNSは、
その申し子とも呼べると思います。


しかし、この膨大な情報は、
我々に、いったい何をもたらすのか、
もう一度考えてみるべきだと思います。


多くの人々は、情報の洪水の中で、
自分を見失い、濁流に飲み込まれ、
流されていくように思えます。


そして、

「自分はいったい何者で、
どこからきて、
何処へ行こうとしているのか?」


というような疑問には、
インタ−ネットが、どんなに進化しても
答えることは出来ないでしょう。


その答えは別のネットワ−ク、
つまりアカシックレコ−ドに
存在していると思います。


それはネットワ−ク的な構造をしており、
アカシックネットワ−クとでも
表現できるかもしれません。


これからは誰でも、
そこから情報を引き出して、
生きていける時代がすでにきていると思います。


インタ−ネットはけっして
「からっぽの洞窟」ではなく、


人類の意識が、
インタ−ネットからアカシックレコ−ドへと
移行するために、
ネットワ−クという概念を、
人々に知らしめるための歴史的役割を
果たしていると思います。


インタ−ネットの目的が
地球的規模の情報交換の推進であるとするなら、


アカシックレコ−ドは宇宙的規模の
情報交換のネットワ−クとでも表現できるでしょう。


それは銀河系ネットワークへと至る発展の
可能性を秘めています。


つまり、
我々の意識が宇宙意識のネットワ−クへと
インタ−ネットのように接続されることを
意味しています。


21世紀は、誰でもが、
この宇宙意識へのアクセスが可能になり
すべての情報を、すべての生命が共有する
輝ける時代の始まりを予感させます。


そして、「神との友情」の次の言葉が
そのすべてを語っています。


「魂はすべてを、
過去も現在も未来も知っている。
あなたが何物か、
何物になりたいかも知っている。」


詳細は参考文献を参照してください。





「神との対話」の中で神はニールに次のように述べています。

あなたは過去に647回、生きている。
これは648回めの人生だ。
あなたは過去にすべてを経験した。


王、女王、農奴。教師、生徒、主人。男性、女性。戦士、平和主義者。英雄、臆病者。殺人者、救済者。賢者、愚者。

あなたは、そのすべてだった!

エマーソンも

魂は、すでに幾たびも生まれ変わっている。すなわち、ヒンズー教徒が言うように、 「数千回もの生まれ変わりをくり返しながら生存の旅を続けている」のである。

魂がいまだかつて知らなかった事はなく、かつて知っていた事は必ず思い出すことができる。

探求とか学習とかいうものはみな、すでに持っている知識を思い出すことなのである。

と述べています。



そして、インターネットの最大の危険性は
プラトンが「パイドロス」のなかで述べている次の言葉です。



ひとたび文字を手にすると、人々は記憶力を使うことを怠り、忘れっぽくなってしまうだろう。

彼らは書かれたものに頼って、自分の内部から記憶を引きださなくなり、かわりに外部の記号によって記憶を呼び起こすようになるだろう。

あなたが発明したのは、記憶力向上の秘訣ではなく、記憶を呼び起こす秘訣なのだ。

人々は、正しい教えを受けることなしに、
書かれたものだけからたくさんの情報を受け取るようになるだろう。


彼らは一見知識があるように見えるが、
実際は無知になっていくだろう。



また、現代における、ホ・オポノポノの第一人者、
イハレアカラ・ヒューレン博士は次のように述べています。


私たちは世の中の情報をすべて管理していると考えがちですが、
真実は異なります。


実は、私たちは情報に洗脳され、
情報に逆に管理されてしまっているのです。


私たちが本当にしなければならないことは
情報を分析することではなくて、
情報を「消去する」ことなのです。

情報が何もないところが完璧なのです。
ゼロの状態なので悟りがくるのです。