この本の副題には、
「ユダヤ民族時代の終焉と日本民族の台頭」
と書かれています。

助安 由吉著
「日本民族の役割」エイト社刊

二つの民族(P10)

「地球上に大いなる役割を持った
二つの民族がある
神から選ばれた民族ではなく
民族自体が望んで
その大いなる役割を担うことになったのである。

そのひとつは物質文明の開花のために
約二千年にわたってその役割を果たした
ユダヤ民族である。
もうひとつは霊的文明の開花のために
西暦2001年から4000年にわたって役割を果たす
大和民族 すなわち日本民族である。

今までユダヤ民族が
この地球の重要なところはすべて
世界政府の役割を担って
経営運営してきたのである

このユダヤ民族は2000年前 国を追われ
世界中に散り散りになって
自分たちの力で民族の結束を守って
生活をしてきた
そのおかげで世界中の情報が集まり
世界中の問題が浮き彫りになって
何をどうしたらよいかがわかるようになった

それ以後世界政府を作り
すべての国を手足のごとくあやつり
世界を経営し運営してきたのである
気に入らなければ抹殺し
気に入るものは育てて力をつけさせ
世界のすべての国家民族を
思うように動かしてきた
功の方も大きく
罪の方も大きいのがユダヤ民族なのである

このユダヤ民族のおかげで
現在の物質文明が盛んになったことは
まぎれもない事実であり
賞賛すべきものである

また反面
国家間や民族間に
トラブルを引き起こさせたり
あるいは調停を繰り返しながら
世界政府の安定のために
自民族の力の温存のために
全力をあげてきたのも事実である

しかしこの物質文明も遂に行き着くところまで
きてしまったのが現実である
富の片寄りによる貧富の格差
それによる技術力の格差
地球資源の食いつぶしによる破壊など
大宇宙の細胞のひとつである地球は今
悲鳴をあげて訴え続けている

このようになったのも
ユダヤ民族による世界経営の結果なのである
しかしユダヤ民族は間違って
ここまできたのではない
世界の各国をリ−ドしながら
物質文明を発展させ
世界のそれぞれの国や民族に欲望をうえつけ
混乱の種を播きながら
地球の危機を作り出してきたのである

そして物質文明のあとは
霊的文明の役割を持った日本民族に
バトンタッチをすることになっているのである
この役割を果たすために
ユダヤ民族と日本民族には
たくさんの光の天使が生まれている

ユダヤ民族は物質文明を中心とした人が
中心であり
日本民族は霊的文明を中心にした人が
中心になっている
この世紀末においてそのバトンタッチが
行われるが
日本民族にはまだその受け入れ体制が
できていない
若い人はともかく年配者は
世界に対して終戦の劣等感から抜けられず
自信を持てないのも事実であるが
しかしそんなことをいっている時間はもうない

ユダヤ民族から受け継いで
新たな時代を築いていく役割を持った日本人が
一日も早く自分の役割に気づいて
日の当たる場所に出ていかなければならない
かといって有名になることではなく
大いなる神に身をゆだねて道具となって働くこと
それだけなのである

新しい時代は日本民族によって
幕が切って落とされる」

著者は日本民族が進むべき指針を
他にも指摘しています。

ほかにも

「日本民族は全世界の人々のために働くよう
運命づけられているのが真実である
日本民族の国力は一国のものではなく
全世界のものなのだ
これをしっかりと腹にすえて立ちあがっていく」

などと書かれていて興味深いです。

特に不思議なのが、
自分の役割と日本民族の役割を
自分の力で自覚できる簡単な方法を
紹介している終章のペ−ジです。

シンボルとして三重丸を使用しています。
これはウランティアのサイトでもマ−クとして
使用されているものと同一なものです。

「1番小さな円が「超意識」で、神の根源の
意識で、2番目の円が潜在意識で、魂の
修行の中心で、3番目の円が表面意識で
肉体の五官部分をさしています。

真中の小さな円は実は小さなものではなく
そこには中心点がある。
この中心点は無限大なのである。

そして神はほかにいるのではなく
自分自身の中心にいることが
はっきり自覚できる。」

と述べられています。

歴史的に日本人の集合意識は、
間違った方向へ導かれてきたと思います。

最近では第二次世界大戦における軍部による、
独善的な乱用が指摘できると思います。
それがどのような結末を迎え、
結果として多くの人々に辛苦を与えたことは
周知の事実です。

2000年間なぜユダヤ民族が活躍できたのか、
その背景にイエスによるユダヤの集合意識
からの類まれなる指導があったことは
否定できないと思います。

それは新約聖書という書物に結晶化されました。
その聖書が世界中で読まれているという事実が
イエスの導きの偉大さを証明していると思います。

キリスト教が生んだものに
科学、マルクス主義、植民地主義があると
何かの本で読んだことがあります。

それらは現在の地球上に住む我々に、
深い影と深刻な問題を突きつけています。
それはイエスの次の言葉にも表現されている
と思います。

「地上に平和をもたらすために、
わたしがきたと思うな。
平和ではなく、つるぎを投げ込むために
きたのである。」
(マタイによる福音書10章)

この2000年間は「イエスの時代」だったと
表現できるかもしれません。

そして問題の解決の糸口は、
2000年前に存在したイエスそれ自身の中に
あるような気がします。

日本民族がこれから活躍するには、
やはりイエスのように日本人の集合意識を
普遍的な思想か哲学のような
価値あるものに昇華する
必要があると思います。

ヘ−ゲルの「法の哲学」の序文には
あの有名な言葉があります。

「ミネルヴァの梟は黄昏とともに飛び立つ」

この言葉は、
今までの2000年間真実であったし、
そして、
これからの2000年間も真実である
のかもしれません。

次にウランティア・ブックについて
述べたいと思います。