21世紀は、
インタ−ネットでアクセスするように
誰もが、イエスの声に触れることが
できると思います。


そして、
イエスの言葉の真の意味を
人類が理解するのが
21世紀であると思います。


このコ−ナ−では21世紀のイエス像と
そのメッセ−ジを探求していきたいと思います。


マイクロソフトのWindowsに脅威を与えている
OSに、Linuxがあります。
そのLinuxの開発は公開技術という手法を用い
世界中の技術者が参加し、日々進歩しています。


そして、誰でもが最新の情報をインタ−ネットで
アクセスして無料で利用できます。


Linuxはアカシックレコ−ドが投影した
オ−プンソ−スOSと表現できるかもしれません。
このオ−プンソ−スという考え方は、
きわめてシンプルです。


しかし、最高のテクノロジ−を開発し、
改良する最良の方法の1つであることは
間違いないでしょう。


情報-ここでは、プログラムの設計図(ソ−スコ−ド)
すなわちOSの基本的な構造は無料であって、
改良を加えたいと思う人にわけへだてなく
提供されます。ただし、そうした改良もまた、
わけへだてなく他の人々に、
提供されなければなりません。
ソフトウエアを参加者するすべての人々の
共有財産にしようという発想があります。


開発スタイルそのものが、
何十万というボランティアのプログラマ−の
集合的ネットワ−クと表現できます。
それは日々進化する巨大なネットワ−クであり、
アカシックレコ−ドをイメ−ジさせます。


ということは、アカシックレコ−ド(宇宙魂)も
日々進化しているということになります。


故に、Linuxのこの開発スタイルで、
21世紀のイエス像とメッセ−ジの探求を
スタ−トしたいと思います。


我々、一人ひとりの
イエスの心象風景の進化が21世紀のイエス像を
現出させると確信しています。


21世紀は、イエス像のタ−ニング・ポイントに
なると思います。


今、あなたが受け取ったイエスからの声、
インスピレ−ション、またはアイディアを
このコ−ナ−で発表してみませんか。
あなたのHPへのリンクも可能です。


イエスから、あなたに届いたメッセ−ジ
をみんなで共有しましょう。


ケイシ−も、そのリ−ディングのなかで、
発見される11年も前から言及していた
「死海写本」の本物を見ることができる、
東京大聖書展が、2000年11月に
東京で開催されました。


死海写本とは、
英語では「Dead Sea Scrolls」で
「死海の巻物」が訳として妥当ですが、
当初、写本と訳されたのは、文書の多くが、
旧約聖書を筆写したものが多かったからです。


その後、写本だけでなく、
固有の文書も多く含まれる事が
明らかになってきたので「死海文書」と
呼ばれることが、一般的になってきました。


今回、展示されたものも、
すべて旧約聖書の写本でした。
他に、ダマスコ文書、宗規要覧、神殿の巻物、
戦いの書、銅の巻物、など多くの文書が、
発掘されています。


このクムランの11の洞穴で発見された巻物は、
誰が書いたのか、盛んに論じられてきました。


地理的にみると、クムランは、イエスの生涯
において、非常に重要ないくつかの出来事が
起こった地域の真中に位置しています。


そこからほんの2、3マイル離れたところで
ヨハネからイエスが洗礼を受けたり、
エルサレムからエリコに至る、
なだらかな街道の近くの荒野で40日間
イエスは苦行を続けました。


ケイシ−もイエスと親密な人々と、クムラン教団
とのあいだに密接な関係があったことを
暗示しています。



驚いたことに、死海写本のCD-ROMが
発売されています。


約6000枚の断片の白黒イメ−ジデ−タを
収録した3枚組のCDが27万円です。(英語版)
死海文書百科事典もあり、
こちらは、48000円です。(英語版)
いずれも紀伊国屋書店書籍部で扱っています。


次に、光の12日間とイエスについて
述べたいと思います。