ゲリ−の著書「光の記憶」によると、
再臨したイエス・キリストが、
修道院のような建物を併設しているような、
イギリスの古い教会に住んでいると
述べられています。


イエスは庭の手入れをしたり、チャペルの面倒を
見ながら穏やかに暮らしているらしいです。


その役割は、イエス自身が姿を現すことが、
キリスト教に対するチャレンジであると
述べられています。


先日、イギリスのイエスを訪問して、
「2000年前のように伝道はしないのか」
と訊いたら、
「また十字架に、かけられるからやらない」
と言ってました。
(もちろんフィクションですが)


しかし、
次の言葉の意味は訊ねてみたいものですね。


知る価値のあることはただ一つ、
イエスが2000年前に、
この地球上を歩いたという事実です。
人間が月面を歩いたということではありません。」


21世紀のイエスは伝道にネットワ−クを
利用すると思います。


それが、インタ−ネットなのか、
アカシックレコ−ドのようなネットワ−クなのか
判りませんが。
その声は、インスピレ−ションやアイデアとして
我々にもたらされると確信しています。
イエスによる静かなる革命が、
2001年から始まるでしょう。
それは、レ−ニンの社会主義革命とは、
まったく違った意識の変革をもたらすと
思われます。


ゲリ−の「光の12日間」について、
いろいろ調べているうちに、
その影にいる、ある存在に気がつきました

その人物こそ、イエスであると推察しています。

つまり、「光の12日間」をサポ−トする人物に、
イエスがいるという事です。


これに関連して、SRVのコ−トニ−・ブラウンも
イエスをタ−ゲットとした、セッションで興味深い
事実を述べています。


この全体のセッションの情報が、
ある存在からやってきていることを、
今、知覚している。私はその存在のほうに
向かっている。


う−ん。これは光の存在のようだ。
彼はどこか半透明だ。
ガウンを着ていて、
髪の毛は光でできているようだ。
私は霊的存在の雰囲気を感じとっている。


この男はイエスであるという感覚を得ている。
私はそれを(分析的判断)として書き留める。
私はまた、この人物から自分に向けて投影される
多大な愛を感じとっている。


その存在は、状況は切迫していて、
物質的な解決策ではその問題を改善することは
できないといっているようだ。


その思想は、
肉体的なワナから人間を抜け出させて、
人類を救うことである。


・・・・・

「光の12日間」は人間を肉体的なワナから、
脱出させる最高のイヴェントであり、
チャンスであると思います。


その意味でもイエスは、「光の12日間」を
応援していると思います。


さらに、コ−トニ−・ブラウンはイエスについて、
次のように述べています。


イエスの歴史的重要性から、
SRVを利用しながら、
私は我々自身の現在の重大な出来事の
多くに関して彼の意見を求めてみた。


彼は自由に自分の意見を提供してくれた。
それ以上のことは行われず、
私の結果はいかなる現存の宗教的概念にも
異議を唱えようとするものではない。


たとえば、イエスの見解に興味を見出すために、
イエスをキリスト教の概念である
神の子であると信じたり、
それが何かを変えると信じたりする必要はない。


ちょうど、我々すべてのサブスペ−ス的側面が
肉体が死んでも生き延びるように、
彼は我々の惑星に一度肉体をもって存在し、
そのサブスペ−ス的側面はまだ生きていて、
元気にしているのである。


最後に
「知る価値のあることはただ一つ・・・・・」の
イエスからの返事がありました。


科学も技術も発達した。
今度は意識を成長させる番だ。
これは最も偉大な成長、
ほかの進歩などくらべものにならないほど
大きな成長になるだろう。


21世紀は目覚めのとき、
内なる創造者との出会いの場になるだろう。
多くの存在が神との一体化、
すべての生命との一体化を経験するだろう。


かつて書かれたような新しい人類の黄金時代の
はじまりになるだろう。
洞察力のある人びとが雄弁に物語った、
宇宙的人間の時代になるだろう。
(「神との友情」より
ニ−ル・ドナルド・ウォルシュ著 吉田利子訳
サンマ−ク出版刊)



次に、キリスト教が生んだ3人の子供達に
ついて述べたいと思います。