超入門アカシックレコード
ゲリー・ボーネル著/大野百合子訳 5次元文庫 徳間書店刊

2009年8月に発売された、ゲリーの文庫判ですが、
非常に分かりやすくアカシックレコードについて説明されています。
彼の本のほとんどが2000年以前に書かれたものが多かったので、
インターネットとアカシックレコードの関連をうまく説明できていなかったのですが、この本ではそこが適切に解説されています。


最後に、アカシックレコードにアクセスする実践テクニックが公開されていますが、あくまでオマケというレベルです。しかし、極めて興味深い秘儀の公開かもしれません。

アカシック地球リーディング 5次元世界はこうなる
ゲリー・ボーネル + 高橋 克彦 著 5次元文庫 徳間書店刊

5次元へのシフト 新・光の12日間
ゲリー・ボーネル著/大野百合子訳 5次元文庫 徳間書店刊

光の記憶
ゲリー・ボーネル:高橋克彦対談集 VOICE刊

アカシック地球リーディング  5次元世界はこうなる」
はこの『光の記憶』をもとに、新たな対談を加え、修整したもの


アカシャの秘密
ゲリー・ボーネル著 大野百合子訳 VOICE刊

アカシックレコ−ドを読む
ゲリー・ボーネル著 大野百合子訳 VOICE刊

光の十二日間
ゲリー・ボーネル著 大野百合子訳 VOICE刊

[宇宙の叡知(アカシックレコード)が教える「自分」大革命
黒沢吾耶著 徳間書店刊

エドガー・ケイシー
ルドルフ・シュタイナー
関係にもアカシックレコードの文献あり。


プレアデス 銀河の夜明け
バーバラ・ハンド・クロウ著 高橋裕子訳
コスモ・テン刊
フォトン・ベルトとアセンション情報が
壮大な叙事詩のように描かれている。


プレアデス 覚醒への道
アモラ・クァン・イン著 鈴木純子訳
コスモ・テン刊
「プレアデス 銀河の夜明け」と完璧に対になっていて、具体的な方法が述べられている。




インターネットはからっぽの洞窟
クリフォード・ストール著 倉骨 彰訳 草思社刊

新ネットワーク思考
―LINKED:The New Science of Networks
アルバート=ラズロ・バラバシ著 青木 薫訳
NHK出版刊
ネットワークとはなにか、ネットワーク的に考えるとはどういうことかを探求するための良書。
インターネットはもとより、エイズ感染のメカニズム、生態系や細胞の生化学、ガン細胞の増殖、テロリストのネットワーク、ネットワーク経済、バイオテクノロジー産業など、さまざまな分野のネットワークを話題にしてネットワークの概念を理解することができる。
情報リテラシーの本質とは、このネットワーク・リテラシーかもしれません。




アカシックレコードを理解するための
キーワード「波動」について書かれた良書。


波動の法則
足立育朗著  ナチュラルスピリット刊

足立育朗と語る
森 眞由美編著   PHP研究所刊

あるがままに生きる
足立幸子著  ナチュラルスピリット刊



ゲリー・ボーネル  テープ
通訳 大野百合子

「人類のアカシックレコードを読む」
「意識下におけるシフト」
「日本のアカシックレコード」
「パラレル・ユニバース」
「思考を物質化する」
「光の12日間/フォトン・フィールド」
「光の12日間&アカシックレコードレクチャー」
「アカシック・レコードQ&A」
「アセンション/光の12日間」パートI
「アセンション/光の12日間」パートII
「光の12日間・最新情報」
「アカシックレコードでみる思考の物質化テクニック」
「アカシックレコードによる光の十二日間詳細」
以上VOICE刊


特に「意識下におけるシフト」と
「光の12日間」のテープは、
2001年までに起こるとされる
「光の12日間」を述べていて興味深い。
この間、すべての思考は現実となり、
全てのエネルギーが視覚化
されるため昼夜の区別すらつかなくなってしまう。
そのための我々の対処の仕方を述べている。


ゲリー自らの調査研究から
「光の12日間」は「光の12年間」へ、
ゲリー本人により変更されました。


しかし、このイベントは、
「光の十二日間」と呼ばれます。


詳細は「光の十二日間」最終改訂版か、
「光の12日間・最新情報」
「アカシックレコードによる光の十二日間詳細」
のテ−プを参照にして下さい。




神との対話
ニール・ドナルド・ウォルシュ著 吉田利子訳
サンマーク出版刊


神との友情
ニール・ドナルド・ウォルシュ著 吉田利子訳
サンマーク出版刊


神とコミュニケーションした男の物語。
神について、これほどシンプルに語った本が、
今まであっただろうか。


メッセンジャー
キリアコス・C・マルキデス著 鈴木真佐子訳
太陽出版刊


太陽の秘儀
キリアコス・C・マルキデス著 鈴木真佐子訳
太陽出版刊


思考の物質化について、
科学哲学的考察をするための良書。


メッセンジャー永遠の炎
キリアコス・C・マルキデス著 鈴木真佐子訳
太陽出版刊


宇宙の記憶(Universal Memory)と予言、
そして自由意志との関係について考えるための良書。


光の輪 - オーラの神秘と聖なる癒し
ロザリン・L・ブリエール著 鈴木真佐子訳
太陽出版刊

バーバラ・アン・ブレナン の先生でもあったヒーラーによるヒーリング・ガイドブックですが、チャクラやオーラについての科学的説明が面白い。




アセンション関係の文献

アセンションの道しるべ  >>>
リサ・ロイヤル著  星名一美訳  星雲社刊

アセンションへの道
ジーナ・レイク著 中村留美子訳

アセンションするDNA
ヴァージニア・エッセン編著 冬月 晶訳

アセンション・ハンドブック
トニー・スタッブス著 冬月 晶訳

完全アセンション・マニュアル (上)(下)
ジョシュア・D・ストーン博士著 紫上はとる訳

ライトボディの目覚め
大天使アリエル&タシラ・タチレン著 脇坂りん訳

以上、ナチュラルスピリット

アセンション
ボブ・フィックス著 森晴季訳 
コスモ・テン・パブリケーション刊


クリスタルの階梯
エリック・クライン著 キヨ・ササキ・モンロウ監訳
コスモ・テン・パブリケーション刊


ファースト・サンダー
MSI著  大内博訳  太陽出版刊

スーパー・アセンション
MSI著  大内博訳  太陽出版刊