キリスト教が生んだ3人の子供達の名前は、
科学、マルクス主義、植民地主義です。
あまり出来のいい子供達ではありません。


この子供達を、どのように扱えばいいのか
イエスに訊ねたところ、次の本を勧められました。


「神との対話」、「神との友情」
ニ−ル・ドナルド・ウォルシュ著 吉田利子訳
サンマ−ク出版刊


この本は読んでいて実に面白い。
なんと神とコミュニケ−トした男のお話です。
神も、わかりやすい比喩とユ−モアで、
我々に語りかけています。
しかも、ユ−モアを創ったのは神だそうです。


神を求めて無限の宇宙を、スタ−メイカ−のように
探しまわらなくても、町の本屋とか図書館に、
神はいたんですね。


そして、神とコミュニケ−トできるのなら、
イエスや仏陀とコミュニケ−トすることも
可能でしょう。


面白いことに、星もお互いに
コミュニケ−ションをしているらしいです。


地球や金星、水星などの太陽系の惑星も
太陽の重心から発振している原子核の集合体の
振動波とコミュニケ−ションしていると、
足立氏が著書「波動の法則」で述べています。


神はいつでも、すべてのひとに、
語りかけていると述べています。
今、これを読んでいる、あなたにもできますよ。
でも、聞いてくれる人が少ないと、
神も本の中でこぼしています。


スタ−トした21世紀は、神やイエスそして、
仏陀とダイレクトにコミュニケ−ションできる時代、
まさに覚醒の世紀と呼ばれるでしょう。


参考になるかわかりませんが、
神と対話する方法。


ニ−ルのように、神に手紙を書くのも
一つの方法かも知れません。


私のお勧めは、木や花に話しかける方法です。
「今日は寒いね」とか「お水が欲しいですか。」
とか、人に話しかけるように、
気軽に会話してみて下さい。


あなたは、ただそこにいて、見て、
素直に感じるだけでいいのです。
神は感情でコミュニケ−ションすると、
本の中でも述べています。


散歩の時とか、暇な時に、冗談半分に
やってみてください。


瞬時に、返事がかえってくるようになったら、
そのフィ−リングで、
神やイエスに、話しかけみて下さい。
心の奥底から、インスピレ−ションがわいてくる、
あの不思議な感覚です。
そう、あなたが小さな子供のころ持っていた、
懐かしい思いでとともに蘇る、あの自由な感性、
そうシックス・センスですね。


話しかけるときは、一人の時がいいと思います。
神と対話する前に、精神科医との対話、
という事に、なりかねないですからね。
まあ、それはそれで、興味深いですが。


方法はほかに、いくらでもあると思います。
ペットの犬や猫との会話から、
スタ−トするのも面白いかもしれません。


アカシックレコ−ドにアクセスするのも、
興味深いですが、神にアクセスするのも
なかなか楽しめると思います。


次に、神との対話からヒントを得て、
イエスとの対話形式で、
科学について述べたいと思います。


科学という営みを根底で支えている
人間の行為や認識に立ち戻って、
「科学の根拠や正当性は何処にあるのか?」と
いう事を知識、その合理性、方法論、歴史から
考察する学問に科学哲学があります。


それをキリスト教まで含めて、
イエスの科学の根拠や正当性は何処にあるのか?
という事を考えるキリスト科学哲学が
21世紀には必要になると思います。


つまり、21世紀は科学者が
イエスを再発見する時代であると思います。


20世紀までの科学は人類を幸福にしたのか?

この問いに100%「Yes」と答えられる人は
あまりいないと思います。
核戦争や放射能汚染を引き起こす原発は
特殊相対性理論の「質量はエネルギーの一種」
であるから生まれました。


我々は、科学哲学の原点から、人間復興の科学を
創造すべき時代のタ−ニングポイントにいる事は
確実であると思います。