現在、世界中でネットワ−クの研究が
行われています。
そのキ−ワ−ドとしては、「生命」と「情報」という
ふたつの言葉がふさわしいと思います。


しかし、インタ−ネットが、この「生命」という
情報のネットワ−クではないことは、明らかです。
確かに、
ゲノムサイエンスの情報は氾濫し、
生命情報科学は21世紀の科学として
期待されています。


ここで、生命情報のネットワ−クとは何かと、
もう一度考えてみるべきだと思います。


人間の背骨は、その人が何を想い、
どう生きてきたかという様々な感情の記録台帳、
つまりその人のアカシックレコ−ドで
あるという興味深い情報があります。


波動の法則で、足立氏は
次のように述べています。


人間の約82兆くらいの細胞も全部中性子と陽子
が詰まっています。
潜在意識(FIK)の中性子と陽子も、
「意識」と「意志」があるわけです。


電子を伴って膵臓の中で、振動波が発振され
コントロ−ルされていますが、
末端の細胞の中にも全部分子があり、
原子があって、原子核のなかに
中性子、陽子があるわけですから、
どの部分も全部「意識」と「意志」があって、
物質波、電磁波、磁気波などで交振しています。
振動波によってコミュニケ−ションしているのです。


その交振する順路は、
尾てい骨から脳脊髄までの椎骨です。
頸椎や胸椎、腰椎やせん骨などの骨一つ一つが
全部周波数を受振、発振し、
それぞれが周波数の範囲をもっていて役割が
違うようです。
それが末端の臓器まで、あるいは全細胞の
一つ一つまでコントロ−ルできる
ようになっているということです。
          
5000
そして、髄液は10  種類の 情報を
もっているということです。


その人間の一生が全てプログラムされ
記録されている髄液から大脳の一部の記憶装置
にセットされ、随時潜在意識(FIK)に連絡をし、
それらの脊髄の一つ一つが潜在意識(FIK)に
コントロ−ルされて、全細胞にまで振動波が
行き渡っています。


今では分子レベルで記憶装置の大事な
コントロ−ルをしているのは、
DNAの役割であることが知られています。
分子レベルでDNAは大事な役割を
していますが、分子レベルの記憶の範囲は
  
20
10 種類くらいということですから、
DNAが理解できれば全部が一括して
理解できるような、
そんな情報量ではないわけです。
         
5000
全体的には10  種類くらいということですから。

ですから分子レベル、原子レベル、電子レベル、
原子核レベルあるいは中性子、陽子レベルと
いろいろなレベルが振動波としてはあって、
その各レベルがコミュニケ−ションをするために、
各種波動の形態、即ち周波数、波長、波形、
振幅などによって交振しているわけです。


我々の人体組織こそ生命の情報のネットワ−ク
そのものであり、
何故、背骨がアカシックレコ−ドであるのか
よく理解できます。

ETからの手紙で有名なユミットも次のような興味深いことを述べています。

テレパシーという表現手段は、ユミットのトップレベルの研究者によって発見された。それはユミットの集合的魂と個々の魂を連絡するものである。個人が集合的魂へメッセージを送ると、集合的魂は通信相手の魂に向けてそのメッセージを転送してくれる仕組みである。ついでにはっきりさせておこう。ユミットは魂の存在の科学的証拠を発見したと言っている。

それは俗に言う神秘主義とは無縁な話であり、完全に計測可能な現実なのだそうだ。それどころか、この魂をうまく利用すれば、きわめて高度なコミュニケーションが可能になるという。

まさに、インターネットを集合意識まで発展させた、アカシックネットワークそのものですね。

22歳の時にジョセフソン素子の原理を見出し、
その11年後、1973年に江崎玲於奈博士と
ノ−ベル物理学賞を受けた
ジョセフソン
DNAについて興味深いことを述べています。


知性が生命現象の基礎になっているという
アイディアは、現在の科学界では
人気のあるものではないようだ。
量子力学の創始者の一人でもある
ニ−ルス・ボ−アは
「量子力学は生命を説明するには十分ではない」
という議論を行った。


しかし、彼の議論は、ほとんど無視され、
そして歴史の霧の中に消えていった。


そして、その代わりに支配的となった見解は、
生命現象の基本的な理解はすでに
得られており、生物学において残されている
仕事は、単にそのメカニズムの詳細を
埋めていくだけだというものである。


このような考え方は、一つの幻想に過ぎない。
生命体の中の化学的反応と、それが機能的に
どのように組織化されるかについて
知っているということと、
「生命現象が科学的に説明された」
ということとは全く異なるのである。
・・・・・
DNAの持つ意味は、
あくまで生化学のレベルにとどまる。
・・・・・
つまり、ジョセフソンは
「DNAは生命を説明するには十分ではない」
と述べていると思われます。


現在でもクローンは原因不明の失敗が連続し、
遺伝子組換えベビーも当初は全員健康と
発表されながら、実は障害を持った赤ん坊が
生まれていることがあとあと発覚しました。


最近、ドーリーは5歳の誕生日を迎えたのですが、
ドーリーのように長生きをするクローンは
非常に希なのです。
277の細胞を試し、わずか1つだけ成功したのが
ド−リ−だと、ド−リ−を誕生させた英国の
イアン・ウィルムット博士は述べています。
まず出産する前に胎児のまま死んでしまったり、
仮に正常に生まれたとしても、
一年ほどたって異常に太って死んでいくマウスや
老化の早い牛などのクローンなどが多く報告されています。


アメリカとイタリアの医師や科学者たちが、
1,2年以内にヒトクローンを必ずつくると
公言しましたが、どうなることやら。


国立遺伝学研究所

ヒトゲノムがひらく未来



また、ジョセフソンは次のように述べています。

私が提案していることは、
科学における通常の仮定をひっくり返すことだ。
現在の科学においては、
知性の存在は、適切な物質の配列の結果
生ずると考えられている。
これを、逆に、物質の存在は、その背後にある
潜在的な知性を反映していると
考えようというのである。


クリスタル・コンピュ−タ−は、
生命をはじめとする現象の根源にある、
この潜在的知性にアクセスすることを
可能にしてくれると思います。






ドリーの生みの親である、イアン・ウィルムット博士は、
英紙サンデー・タイムズに次のような警告を発しています。


2002・4・28日付の英紙サンデー・タイムズは、世界初の体細胞クローン動物の羊「ドリー」を作った英国 のイアン・ウィルムット博士が、すべてのクローン動物に何らかの遺伝的な異常がある可能性を示 す調査結果をまとめた、と伝えた。

今月初めにイタリアの医師が「妊娠に成功した」と発言し、物議 をかもしたクローン人間についても、同博士は「遺伝的な異常が起きる危険性が非常に高く、作るべきでない」と警告している。

同博士は今年初め、ドリーが若い羊では珍しい重い関節炎を患っていることを明らかにしていた。サンデー・タイムズによると、今回さらに世界のクローン動物を追跡調査。日常的に起きている異常として(1)羊や牛での体の巨大化(2)マウスでの胎盤の肥大(3)豚での心臓の欠陥をあげた。マウスでは異常な肥満、牛や羊、豚で発育不全や肺の異常、免疫異常も起きているとしている。

また、DNAにくっついて細胞の機能を制御するメチル基の働きが、体細胞からクローンを作る過程で通常の受精時とは明らかに異なっていることを見つけたと指摘。同博士は、それが原因でクローン動物の遺伝子が予想外の働きをすると推定、ヒトのクローンもこうした問題が起きやすいとしている。







人間は地球で最も進化した複雑な生物と考えられていますが、
遺伝子の数が、概ね3万2000個であることが分かりました。


これは当初予想されていた数とは大きく異なり、
せいぜいショウジョウバエの2倍しかないというから驚きです。


その理由として、一つの遺伝子から複数のたんぱく質を作ることで、複雑性を獲得しているとか、遺伝子の並び方が問題なのだとかいろいろ議論されています。

DNAをコンピュ−タ−にたとえて、
メモリ容量で256Mbytesと512Mbytesはそんなに体感速度は変わりません。また、CPUの1GHzと2GHzでの性能の差はハエと人間ほど隔たっていません。


その生物的格差はプログラムから生まれると考えられます。

つまりDNAだけでなく、髄液にプログラムされた10の5000乗種類の情報がキ−ポイントになると考えられます。

DNAは10の20乗種類の情報でしかなく、一方髄液は10の5000乗種類の情報を分子レベル、原子レベル、電子レベル、原子核レベルあるいは中性子、陽子レベルといういろいろなレベルの振動波でコミュニケ−ションしていると考えられます。

つまり、PCのメモリ−の情報量をDNAとすれば、OSなどのソフトの情報量こそが、その生物を生物たらしめている情報ではないかと推察されます。
クローン動物の遺伝的な異常も、パソコンの自作でよくある、メモリ−クロックアップ時などに、パーツの誤動作により生じる、なんらかの情報エラ−と理解することもできます。



ハエと人間の差を生み出しているのはDNAではなくOSなどのようなソフトであり、ハエや人間やPCもどのようなソフトを動かすかによって、まったく違った生き物になる可能性があるということでしょう。

ガン細胞は分裂増殖しないで、赤血球から分化し
しかも、ガン細胞自身は転移しないで、組織内に新生するという
革新的医学理論を提唱した『千島学説』も再評価される時がくるかもしれません。


http://www.chishima.ac/

NASAの科学者からヒ−ラ−になったB・A・ブレナンは
その著著「癒しの光」(河出書房新社刊)のなかで、


いつの日か、特定の周波数を体に送り傷ついた組織を溶かす機械ができるだろう。
また同じ機械から別な周波数を出して、ほかの細胞には影響を与えずにガン細胞を破裂させることも可能になるかもしれない。
正常細胞とガン細胞の細胞壁が異なっていることを利用するのだ。
と述べています。

ユミットも「「私たちの機械を病気の細胞の波長に同調させて、ガン細胞を破壊したのです。」と述べていますからこの方法はかなり有望かもしれません。








マウスの全遺伝情報(ゲノム)の解読を進めていた国際研究チームは作業をほぼ終え、結果を英科学誌ネイチャーに発表しました。

その結果は遺伝子に関していえば、マウスも人間も大した変わりはないことがわかりました。

マウスと人間はいずれも約3万の遺伝子を持っています。そのうち、それぞれに固有のものは300だけで、人間・マウスの共通の遺伝子の中には尾の情報を持ったものもあり、人間ではそのスイッチが入っていないだけだそうです。

研究チームのエリック・ランダーさんは「人間のゲノムの99%は、それに相当するものがマウスにもあった。また8割は同じだった」と話しています。


2003年になり、人類初のクローン・ベビーが1月に誕生したとかのニュースも流されましたが、2月のクローン羊「ドリー」の早すぎる死はクローン技術への不安を感じさせるショッキングな出来事でした。


ドリーは1996年に世界初の体細胞クローン羊として誕生しました。
しかし、通常であれば羊は11歳〜12歳くらいまで生きるのですが、ドリーの寿命は、6歳7ヵ月という短いものとなりました。


その原因として、ドリーは老化の進んだ状態で生まれたのではないかとも言われています。成体の遺伝物質を使ったクローン動物の細胞は、すでに歳をとった状態にあるのではないかと懸念されていたからです。

6歳の雌羊の乳腺細胞からのクローニングによって誕生したドリーは
1999年にはドリーの体細胞に、高齢の羊によく見られる徴候が発見されていました。2002年1月には、ドリーが5歳半という比較的若い年齢で関節炎を患ったことが発表されていました。


動物のクローニングでは、器官の肥大する奇形があって胎内で死亡したり、誕生直後や誕生から数日後に死亡する場合もあり、中には通常の2倍近い大きさで生まれた例もあります。

オーストラリア初のクローン羊として2000年に誕生した「マチルダ」もなぞの「突然死」をしています。マチルダはドリーと同様の技術で誕生しました。

ドリーは普通の羊より早く老化が進んでいるとされていましたが、マチルダにはそのような兆候もなく、死ぬまで健康そのものに見えたということです。







最後に遺伝子に関する印象的なメッセ−ジを
紹介したいと思います。


科学は受胎を遺伝子の偶然的結合だと
考えたがっています。
確かに、試験管の中で表面的に研究すれば、
そのように見えるでしょう。
しかし、実際には、母親と父親の遺伝子は、
3人全員の最善の運命に合致する性格の
子供になるように、組み合わされるのです。


わかりますか?
子供は生まれる前のヴィジョンを見て、
自分の運命を計画しています。
そして、子供にこのヴィジョンを実現するために
必要な性向や能力を与えるために、
遺伝子は細かく正確に組み合わされるのです。
外側の文化の科学者も、いつか、このプロセスを
確認する手段を発見するでしょう。


科学者や医者による遺伝子操作が
とても危険なのは、そのためです。
病気治療のためのものは別ですが、
知能や能力を高めるためや、
単なる好みによる遺伝子操作は、
エゴから発したものであり、
悲惨な結果を招きかねません。
こうした行為だけで、
いくつもの文明の破滅がもたらされています。
(人生を変える力-第11の予言
ジェ−ムズ・レッドフィ−ルド著 角川書店刊より)


あのメ−テルリンクの「青い鳥」の中に、
子供たちが地球に戻るべく名前を呼ばれるのを
待ちながら、みんなが集まっている場面があります。


それぞれの子供は袋を持っていて、その袋には
地球に持ちかえる贈物や知識だけでなく、
自分が患うことになる百日咳や猩紅熱といった病気も、
きちんと包まれて入っています。


子供たちは、星の海を【父なる時】の船に乗って渡り、
地球で待っている母親のとこに帰ろうとしているのです。


この話が妙に現実味を帯びてくるから不思議です。