Sorry, your browser doesn't support Java(tm).

M.Kazama Tokyo JAPAN

私がホ−ムペ−ジを作成したのも
「光の12日間」をすべての人々に
知ってもらいたいという思いからでした。
INFORMATIONでは、
「光の12日間」についての情報を
紹介していきたいと思います。

ゲリ−・ボ−ネルの「意識下におけるシフト」
から「光の12日間」について抜粋してみました。

1、我々の意識の中でおきているシフトは、
過去にもギリシャ・ロ−マ時代、ルネッサンス
にもこのような意識のシフトがおきました。

2、この「光の12日間」に、我々が考え思考する
ことはすべて実際に現れ、実現します。
良い考えも、悪い考えもです。

3、この「光の12日間」に向けて
我々は自分の考えをクリア−にして、
ポジィティブで積極的な方向に拡大して
行くことが大事なことである。

4、この期間に皆さんは、リアリティ−、
何が本当であるかということを見ることが
できるようになります。

5、実際の肉体の目を持ってエネルギ−を
見ることができるようになります。

6、この宇宙における物質のすべてから
放射されているエネルギ−をすべてこの目で
見ることができます。

7、それらの光があまりにも明るくなるために、
太陽の光さえも遮ってしまい、
太陽が見えなくなるような状態になります。
そして、夜というものがなくなります。

8、光の12日間が始まると、ト−ストの
バタ−からも光が出て、そして自分の手からも
光が出てくるのを見ることができます。
何か夢を見ているような感じがします。
考えたことが目の前で
次々に起こって行くからです。

9、もし、この期間に何が起こっているのか
知らないとしたら多分自分は気が違ったのでは
ないかと思うと思います。

10,アカシックレコ−ドの中では
「光の12日間」を人間に対する審判の時と
書き記されています。
審判ということは、誰かがあなたを審判する
のではなく、自分自身の中の、自分の考えで
自分を審判することです。

11、「光の12日間」は、1997年から2000年の
間にやってきます。

12、「光の12日間」の後で、2つのタイプの
人たちが生き残ります。1つのグル−プのひとは、
人に奉仕する人間、もう一方は逆に奪うタイプの
人間です。奪うタイプの人が、
何故生き残るかというとその人たちは
自分のやっていることが絶対に
悪いことでないと心から信じきっているからです。

13、この「光の12日間」の中で、たった一つ
あなたを破壊するもの、それはあなたの
内なる葛藤です。心の中にある葛藤です。

14、暴力、破壊的な思考は、対立の象徴です。
キリスト、反キリストです。「光の12日間」の後では
キリスト意識を持って生きる人々と、それと正反対の
人々とが明確に分かれていきます。

15、「光の12日間」に妊娠するのはよくない。
というのは赤ちゃんの思考も現実化
してしまうからです。
妊娠した母親は、自分のまわりに
自分の考えと、おなかの中の赤ちゃんの
考えも現実化してしまうからです。

16、半身不随とか個体の一部がなくなったひとも
ポジィティブな考えをすれば健康な体が約束
されます。

17、アカシックレコ−ドの中でイエス・キリストの
生涯が書かれています。
キリストの母親である聖母マリアは悟りを
開いた人でした。
マリアはキリストの前にキリストでした。
彼女は自分の体の中にキリストのエネルギ−を
入れたわけです。
キリストは人間意識のタ−ニング・ポイントです。
また、新しい人間意識の元型のようなもので
もありました。

18、キリストは生まれながらにして悟りを
開いていました。
完全に目覚めた意識を持っていました。

19、内なる葛藤がこれから大きな問題となります。
それこそが、最も人を傷つける問題となります。

20、今なぜ地球上にこんなに沢山の人が
いるのかというと「光の12日間」を見るために
みんなやって来ているわけです。
「光の12日間」が、まるで人間意識のお祝いの
ような感じです。

21、「光の12日間」の4日目と9日目の間に
思考が現実化するという現象が起こります。
1、2、3日目は何かが起きているという証拠
を目にすることができます。
空に何かのエネルギ−や光のようなものが見え
人々はこれはいったいなんだろうか、
何がおきているのかと質問し始めます。

22、かつておきたシフトの時、たとえば
ルネッサンス時期は、芸術とか音楽によって
現実化していました。
ところが、今回のシフトは以前とくらべ
エネルギ−が集中しています。
かつてクリエイション(創造)は芸術とか音楽を
とうして表現されていました。
しかし、今回は頭の中の考えたことが直接的に
表現されます。

23、4日から9日目に何が起こっているのか
さっぱりわからない人たちは、
この間に気が狂ってしまいます。
というのは、考えたことが片っ端から現実化
していってしまうからです。
この真ん中の6日間にかなりの人たちが
発狂するでしょう。

24、この6日間が最も大いなる体験ができる
時なのですけれど、皆さんが非常に目覚めて
いて、自分の意識をクリア−に集中して
いられれば、皆さんはまるで神のような
意識を持てます。
すべてのものが明らかにされるでしょう。

25、もし皆さんの中に葛藤があるとすれば
大変な時期になります。消えてしまうかも
しれません。

26、とにかく、これがスタ−トしてしまったら
集中してシンプルに生きて下さい。
このエネルギ−は皆さんがたをシンプルに
そして集中させるのに役に立ちます。

27、聖書に「神の国に入らんとする者は
幼子のような心を持て」というのがありますが
それと同じように、子供のような心をもち
その日を迎えましょう。

28、この事を知っているのと知らないのでは
非常な違いがあります。
ある日、物から光がパァ−と射し始めてきたら
あなたがこれを信じていようが、信じていまいと
こういう事が起こり始めたんだと、ぱっと意識が
変わっていきます。

29、たった一つだけ問題になるのは
内なる葛藤だけです。

30、それにはまず、自分自身を信じる
ということです。

31、この情報については、世界中で夢をみてい
いる人がたくさんいます。
また、グル−プで研究している人たちもいます。


次に別の角度から「光の12日間」について
言及していると思われる文献を
紹介したいと思います。