「ヌ−ス理論」の提唱者、半田氏がその著書
「人類が神を見る日」(徳間書店刊)のP87で
「1999年、人類は5次元世界を発見する。」
と述べています。
これが「光の12日間」を述べていると断定は
できませんが、興味深いので
以下抜粋してみました。
詳細は直接原本を参照して下さい。


32、1999年、人類は5次元世界を発見する。
......
西暦1999年に予定されている私たちの
調整作用です。
位置の等化とは、人間の意識が次元観察子ψ5
領域に入ることを意味します。
その時は人間の意識に5次元対称の世界が
見えてくるでしょう。
1999年.....5次元対称性?・・・・ちょ、ちょっと
待って下さい。それは人間が5次元空間の
何たるかを理解するということですか。
はい、位置の等化が起これば、理解のみならず、
その描写も可能となるでしょう。
・・・・・・どういうことですか?
僕らはまだ4次元についてさえ明確な理解には
至っていないのですよ。
1999年といえばあと10年ほどしかありません。
そんな短い期間の間に、今の人間が
4次元のみならず5次元世界に対する理解を
完全なものにすると言われるのですか
・・・・・・。とても信じられません。
あなたが信じる、信じないにかかわらず、
必ずそうなります。(P87〜P88)


33、あなたたちが外在世界として見ているものは、
第7太陽系次元における定質と性質の交差が
作り出した影だということです。
4次元対称性の認識が生まれてくると、
物質という概念はまったく意味を
無くしてしまうでしょう。(P92)


34、変換人の意識に進化すれば、
死は克服されます。
・・・・・・
つまり、人間は死ななくなるということですか。
これから起こる意識進化は、人間が生きながら
にして死後の世界へ入っていくという言い方が
できるかもしれません。
その意味で言えば人間は不死となります。
生きながらにして死後の世界へ入る
・・・・・・?
意味が分かりません。
今は分からなくても結構です。
では、あなたがたが人間の意識進化と
呼ぶもののイメ−ジについて、ごく単純な
言い方で結構ですから、分かりやすく説明
していただけませんか。
一瞬、静寂が走ったが、オコットの答えは
すぐ返ってきた。
自我の消滅です。
・・・・・・
そんな馬鹿な−−わたしは呆気にとられていた。
あと数十年で空間認識が5次元化し、
太陽が働きを止め、死がなくなり、自我が消滅する
・・・・・・?
こんな非常識な内容をどうやって受け入れれば
よいというのだ。(P93〜P94)


次に半田氏の科学について示唆に富む
発言を著書から取り上げたいと思います。