以下、半田氏の著書「人類が神を見る日」からの
抜粋と、私の考察を述べてみたいと思います。


35、あなたがたが持っている科学技術は決して
自然と調和することはできないと思いますが。

科学が自然と調和できない・・・・・・?
科学はノスの力で働かされていますが、
生態系はノウスの力で働かされているものです。
ノスとノウスは方向性が全く逆なのです。
(P144〜P145)

ここで述べられている科学技術を
身近な例であげるとクロ−ン羊とか臓器移植の
問題と捉えるとわかりやすいと思います。

サルや人間のクロ−ンを作り出すことと
生命の神秘を解明することとは違う事だと
思います。
生命と、その生態系は次元の違う領域にも
属している気がします。

アカシックレコ−ドはその別の領域に関しての
記録の殿堂、もしくは図書館であると思います。
この辺のことは波動で理解したら
わかり易いかもしれません。

物質の波動を単純に上げていけば生命の
波動近くまで上げられるかもしれませんが
それで生命活動が開始されるかどうかは疑問です。

生命が生まれるには、
次元の違う波動、もしくは何か別なものが
そこには必要になると思います。

つまり現代医学の進歩は、
我々の生態系、 つまり生命の本質とは、
まったく逆の進歩である 事を述べているように
私には思われます。

36、そろそろ、あなたがたも真の創造と破壊
について考える時期に来ているのでは
ないですか。

真の創造と破壊・・・・・・ですか・・・・・
真の破壊とは、実はあなたがたが創造行為
と思い込んでしまっているもの、
つまり、事物の多様化や情報の無限増殖に
あるのです。

あなたがたの科学は目の前に
与えられた自然を分析し、それに伴い
多種多様な言葉を作り出していきますが、
その知識体系が膨らめば膨らむほど、
人間にとって最も重要な精神原理が
失われていっていることを知らねばなりません。

物質的知識の多大な習得にもかかわらず、
それによってもたらされてくるものは
精神的秩序の深刻な喪失なのです。
この喪失こそ宇宙的な意味での真の破壊と
呼んでもいいものです。(P146〜147)

これを読んだ時、インタ−ネットがとっさに
頭に浮かびました。

クリフォ−ド・スト−ルの著書
「インタ−ネットはからっぽの洞窟」

を読むと 確かにインタ−ネットの持つ、
ある種の危険性は 予想できますが、
それがいったいどのようなものか
具体的に言えないもどかしさを
感じていました。

しかしここに、インタ−ネットの持つ
潜在的な問題点が指摘されていると
思います。

科学、ここでは特にインタ−ネットに焦点を絞って
みると分かりやすいと思います。
確かにインタ−ネットは、物質的知識を大量に
我々にもたらします。

しかしそれが、我々の精神に理念や秩序を
与えてくれるかどうか疑問です。
むしろ、それらを混乱、破壊させ最も重要な
精神的な原理を失わせていくように思われます。

そして次の言葉がその本質を見事に
表現していると思います

37、物質的知識の獲得の目的は、
そこで 得られる知識それ自体にあるのではなく、
それらの知識に根本的な刷新を与えること、
つまり、物質的知が精神的な知へと変容する
ところにあるのです。(P148)

ゲリ−もその著書「アカシャの秘密」で
述べていますが、

「最も著名な現代のアカシックレコ−ドの
提唱者と言えば、エドガ−・ケイシ−を
おいてほかにはいないでしょう。」

そして、ケイシ−はアカシックレコ−ドの
存在 を人々に証明し、
病気で苦しむ多くの人々を 救いました。

アカシックレコ−ドとは、
インタ−ネットとは、方向性の逆の
ネットワ−クのような感じがします。

つまり我々に精神的原理を自然に諭すような、
破壊ではなく創造をもたらしてくれる
ネットワ−クであると思われます。

半田氏の著書「人類が神を見る日」は
科学哲学の範疇に入ると思われます。
現代物理学やニュ−サイエンスから見ると
「光の12日間」は「量子力学の世界を体験
できる12日間」と表現できると思います。

次はそのことについて
考察してみたいと思います。